ルーシン短絡線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サザン・パシフィック鉄道 オグデン - ルーシン短絡線トレッスル橋
Lucin Cutoff aerial.jpg
空から見たルーシン短絡線
直近都市 オグデン (ユタ州)
座標 北緯41度13分01秒 西経112度41分38秒 / 北緯41.217度 西経112.694度 / 41.217; -112.694
面積 58ヘクタール
建設 1902年
建築家 ウィリアム・フード
NRHP登録番号

72001257

[1]
NRHP指定日 1972年4月14日

ルーシン短絡線(ルーシンたんらくせん、英語:Lucin Cutoff)は、アメリカ合衆国ユタ州オグデンから、名称の由来となったルーシン (ユタ州)英語版までを結ぶ164 km(102マイル)の鉄道路線である。この路線にはグレートソルト湖を横断する全長約19 km(12マイル)のトレッスル橋が含まれていた。サザン・パシフィック鉄道により、1902年2月から1904年3月までの期間で建設され、セントラル・パシフィック鉄道 によるプロモントリー・サミット英語版(1869年にゴールデン・スパイクが打ち込まれた)を経由する当初のルートを短縮した。オグデンからルーシンまで湖を横断して西に向かうことで、71 km(44マイル)距離が短くなり、曲線と勾配もかなり緩和された。サザン・パシフィック鉄道主任技師のウィリアム・フードの指揮により、3000人の勤労者チームが週7日間不休で働き、建設された。1908年までに、片道あたり一日に5本の旅客列車と7本の貨物列車がルーシン短絡線を利用していた。 1942年、ルーシンとユタ州コリーネの間の当初の路線は、戦争の影響でプロモントリーの(開通時の)最後の犬釘を引き抜き線路を屑鉄として供出する形で、移設された[2]。1944年、短絡線はベーグリー鉄道事故英語版で48人の死者を出した。トレッスル橋は1950年代後半に、モリソン・ヌーゼン英語版建設会社により、並行する築堤が作られて移設された。

脚注[編集]

  1. ^ National Park Service (2009-03-13). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service. 
  2. ^ http://up150.com/timeline/lucin-cutoff#./lucin-cutoff?&_suid=652

外部リンク[編集]

短絡線には「Mid Lake」というグレートソルト湖の中央の駅があった。