ル・プレシ=ロバンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Le Plessis-Robinson
Blason Plessis-Robinson 92.svg
04-PlessPano01-2.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) オー=ド=セーヌ県
(arrondissement) アントニー郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 92060
郵便番号 92540
市長任期 フィリップ・ペムゼック
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) メトロポール・デュ・グラン・パリ
人口動態
人口 23,242人
2007年
人口密度 5 929人/km2
住民の呼称 Robinsonnais
地理
座標 北緯48度46分52秒 東経2度15分48秒 / 北緯48.781111度 東経2.26333度 / 48.781111; 2.26333座標: 北緯48度46分52秒 東経2度15分48秒 / 北緯48.781111度 東経2.26333度 / 48.781111; 2.26333
標高 最低:86m
最高:172m
面積 3.92km2
Le Plessis-Robinsonの位置(フランス内)
Le Plessis-Robinson
Le Plessis-Robinson
公式サイト plessis-robinson.com
テンプレートを表示

ル・プレシ=ロバンソンLe Plessis-Robinson)は、フランスイル=ド=フランス地域圏オー=ド=セーヌ県コミューン

地理[編集]

ラ・ペピニエール地区

ル・プレシ=ロバンソンはパリから約6km離れている。境界を接するコミューンは、クラマールフォントネー=オー=ローズソーシャトネ=マラブリーである。

RER B線のロバンソン駅を擁する。

コミューン東部は、ラ・ペピニエール地区と呼ばれる新興住宅地で、平坦な緑地の広がる丘陵にサーモン色の3階から5階建ての集合住宅が10棟並ぶ。2000年よりコミューン中心部の再開発が進められている。

由来と歴史[編集]

839年に存在が初めて記されたとき、サン=ジェルマン=デ=プレ修道院に属する協議会の土地として分割されていた。1112年、憲章を与えられサン=ジャン=バティスト教会がつくられた。13世紀にはプレシ=ラウールが領主となっており、15世紀にはル・プレシ=ピケ(Le Plessis-Piquet)と呼ばれた。フランス革命期にはプレシ=リベルテ(Plessis-Liberté)と改名させられていた。

現在のコミューン名ロバンソンとは、スイスの作家ヨハン・ダビット・ウィース作『スイスのロビンソン』に由来する。1840年代、パリのレストラン経営者ジョゼフ・ゲウスカンがル・プレシ=ピケに、『スイスのロビンソン』に登場するような樹木の上に小屋を備えたギャンゲットを建てた。彼はこの店をオ・グラン・ロバンソン(Au Grand Robinson)と呼んだ[1]。彼の店が成功すると別のギャンゲットが次々でき、この地区はロバンソンと呼ばれるようになった。1909年11月12日、コミューンは正式にル・プレシ=ロバンソンに改名した[2]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Récit et photos
  2. ^ « Les grandes dates du XXe siècle au Plessis-Robinson », sur site de la mairie du Plessis-Robinson (consulté le 11 janvier 2010)