ル・ディヴァン・デュ・モンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ル・ディヴァン・デュ・モンド
Le Divan du Monde
Divan Japonais (1873-?), Théâtre de la Comédie Mondaine (1901-?)
Rue des Martyrs.JPG
マルティール通りに面した正面(画面左側)
住所 75, rue des Martyrs, 18e arrondissement
Paris
キャパシティ およそ 500
オープン 1873年
ウェブサイト
www.divandumonde.com

ル・ディヴァン・デュ・モンド(Le Divan du Monde)は、フランスパリ市18区ピガール(Pigalle)地区マルティール通り(Rue des Martyrs)75番地にある、劇場を改装したコンサート・スペース。Divan とは、ソファに似た東洋風の長椅子のことで、Le Divan du Monde は「世界の長椅子」ないし「世界の会議」といった意味になる。

歴史[編集]

19世紀初頭、この場所には、ラ・ミュゼット・ド・サン=フルール(la Musette de Saint-Flour)という舞踏室があった。1861年、改装されてラ・ブラッセリー・デ・マルティール(la Brasserie des Martyrs)となり、シャルル・ボードレールジュール・ヴァレ(Jules Vallès)らが通う店となった[1]1873年には、カフェ・コンセール(café-concert)に変わり、オーナーのテオフィル・ルフォールによって、ル・ディヴァン・ジャポネ(le Divan Japonais)と名付けられ、内装も日本風に飾られた。後に店を受け継いだジュール・サラザン(Jules Sarrazin)は、地下にもうひとつ部屋を設け「善きユーモアの殿堂(Temple de la Bonne Humeur)」 と名付けた。

ロートレック作のル・ディヴァン・ジャポネのポスター(1892年)には、踊り子ジャンヌ・アヴリルと批評家エドゥアール・デュジャルダンが描かれている

キャバレー歌手イヴェット・ギルベールは、1891年にここに出演して有名になり、ドラネム(Dranem)もここによく出演していた。1894年には、無言劇Le Coucher de la Mariée』(「花嫁の眠り」の意)が上演されたが、これは初めて「裸」の女性(透けるほど薄いブラウスを着ていた)が舞台に登場したとして観衆の間に騒ぎを巻き起こした[2]アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックアドルフ・レオン・ウィレット(Adolphe Léon Willette)、後にはパブロ・ピカソなども足しげく通った。

1901年には、テアトル・ド・ラ・コメディ・モンディーン (Théâtre de la Comédie Mondaine)に変わったが、後にはさらに、エロティックなショーの劇場に変わった[3]

1994年に、ル・ディヴァン・デュ・モンドとして再オープンし、特にワールドミュージックのコンサート会場として知られるようになった。2009年11月に、全面的な改装が行われ、以降は、コンサートからクラブ・イベントまで様々な行事が行われるようになっている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ Dictionnaire historique de rues de Paris
  2. ^ Jacques Charles, Le caf'-conc
  3. ^ André Sallée et Philippe Chauveau, Music-Hall et café-concert, Paris, Bordas, 1985.

外部リンク[編集]