ルンバ・オリジナル・シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
iRobot > ルンバ (掃除機) > ルンバ・オリジナル・シリーズ
ルンバ・オリジナル・シリーズ

ルンバ・オリジナル・シリーズ英語: Roomba® Original Series[注 1]は、アイロボット(英語: iRobot)が2002年9月18日に発表したロボット掃除機の製品群である[2]。米国において初めて商品化された自働掃除ロボットであり[2]、ルンバ・シリーズの最初期製品群でもある。

直径13.4インチ、高さ3.6インチの円盤状で[3]、床をはい回ってゴミを吸い集める[4]。部屋全体に行き渡るように工夫されてい、階段はセンサーで感知して落下を回避する。付属の周辺機器バーチャルウォール(Virtual Wall®)[5]を用いれば、不可視光線による「見えない壁」を作り、掃除する区域を区切ることもできる[4]

機種[編集]

北米地域販売機種[編集]

  • iRobot™ Roomba™ Intelligent FloorVac[6] , 3000[7] - 2002年9月18日発表[2][8][9]
  • iRobot™ Roomba™ Pro Robotic FloorVac[10], 3005[11] - 2003年8月27日発表[12]。「Spot Cleaning Mode」が追加された[3][13]
  • iRobot™ Roomba™ Pro Elite Robotic FloorVac[14], 3100[15] - 2003年8月27日発表[12]。「Spot Cleaning Mode」に加え「MAX Cleaning Mode」が追加され[3][16]、標準で「Full-Function Remote」と「Wall Mount Storage Unit」が付属した[3]
別売周辺機器
付属品の追加や機能追加のために周辺機器が別売された。
  • Extra Battery, 3001[17] - 予備用充電池。
  • Advanced Power System (APS) Battery, 4905[18] - 交換および予備用大容量[19]充電池。
  • Advanced Power System (APS) Battery, 17373[20] - Advanced Power System (APS) Battery(4905)の代替品。
  • Virtual Wall, 3002[21] - 不可視光線により13フィート超の「見えない壁」で区域を作り出し、その区域内のみを掃除させることができる。
  • Virtual Wall® Unit, 2003[22] - Virtual Wall(3002)の代替品。
  • Virtual Wall®, 4960[23] - Virtual Wall® Unit(2003)の代替品。
  • Rapid Charger, 3003[24] - 急速充電器。
  • AC Adapter, 7279[25] - 交換および予備用のAC-DCアダプタ。
  • Power Cord Patch, 9787[26] - 充電用付加機器。
  • Wall Mount, 3007[27] - ルンバを壁に掛け収納できる。
  • Roomba Remote, 3008[28] - 遠隔操作機能が追加できる。
  • Roomba® Standard Remote, 4908[29] - Roomba Remote(3008)の代替品。
  • Tire Tread Repair Kit, 9825[30] - Wheel Moduleの補修部材一式。

日本国内販売機種[編集]

日本での販売は、2002年(平成14年)[31]12月からプライム[32][33]、2003年(平成15年)3月からタカラ(現タカラトミー)[34][35]と引き継がれ販売された[注 2]

  • ルンバ(Roomba) - 2002年(平成14年)[31]12月12日発売[32][37]。プライムが販売[38]
  • アットホーム ロボ ルンバ, HR-RMB10 - 2003年(平成15年)3月発売[34][35]。タカラが販売[35]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ アイロボットは後年、ルンバの最初の世代をオリジナル・シリーズと呼んでいる[1]
  2. ^ アイロボット最高経営責任者(CEO)のコリン・アングル(英語: Colin McKay Angle)は「最初のパートナーだった会社は、ルンバをオモチャとして位置づけて大失敗し、1年あまりで撤退することになった」と語っている[36]。 タカラによる販売は2004年(平成16年)6月で終了している[34]

出典[編集]

  1. ^ Parts & Accessories for Roomba® Original Series”. Store. iRobot. 2020年3月13日閲覧。
  2. ^ a b c “IROBOT INTRODUCES ROOMBA™ INTELLIGENT FLOORVAC – THE FIRST AUTOMATIC FLOOR CLEANER IN THE U.S.” (英語) (プレスリリース), iRobot, (2002年9月18日), オリジナルの2003年8月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20030830052735/http://www.roombavac.com/news/pr091802-1.asp#release 2020年3月23日閲覧。 
  3. ^ a b c d Roomba Product Comparison” (英語). iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月29日閲覧。
  4. ^ a b 南優人 (2002年9月20日). “米国で200ドルの自走型掃除ロボット発売”. WIRED. コンデナスト・ジャパン. 2020年3月22日閲覧。
  5. ^ 便利な付属品”. 製品ラインナップ. アイロボットジャパン. 2020年3月31日閲覧。
  6. ^ Roomba” (英語). iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月4日閲覧。
  7. ^ Purchasing Roomba” (英語). iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月4日閲覧。
  8. ^ “FACT SHEET Roomba™ Intelligent FloorVac” (英語) (プレスリリース), iRobot, (2002年9月18日), オリジナルの2003年8月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20030830052429/http://www.roombavac.com/news/pr091802-2.asp#release 2020年3月23日閲覧。 
  9. ^ Roomba” (英語). iRobot. 2003年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月29日閲覧。
  10. ^ Roomba Pro” (英語). iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月4日閲覧。
  11. ^ Purchasing Roomba Pro” (英語). iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月4日閲覧。
  12. ^ a b “iRobot's Roomba Robotic FloorVac Gets Even Smarter: Colorful New Models Spot-clean, Work via Remote Control” (英語) (プレスリリース), iRobot, (2003年8月27日), オリジナルの2003年8月30日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20040603180605/http://www.roombavac.com/news/pr082703.asp#release 2020年3月23日閲覧。 
  13. ^ Roomba Pro” (英語). iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月29日閲覧。
  14. ^ Roomba Pro Elite” (英語). iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月4日閲覧。
  15. ^ Purchasing” (英語). iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月4日閲覧。
  16. ^ Roomba Pro Elite” (英語). iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月29日閲覧。
  17. ^ Extra Battery” (英語). Roomba. iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月18日閲覧。
  18. ^ Advanced Power System (APS) Battery” (英語). Store. iRobot. 2006年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月14日閲覧。
  19. ^ Advanced Power System (APS) 3000 mAh NiMH Battery” (英語). Store. iRobot. 2009年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月14日閲覧。
  20. ^ Advanced Power System (APS) Battery” (英語). Store. iRobot. 2007年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月14日閲覧。
  21. ^ Virtual Wall” (英語). Roomba. iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月18日閲覧。
  22. ^ Virtual Wall® Unit” (英語). Store. iRobot. 2006年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月14日閲覧。
  23. ^ Virtual Wall®” (英語). Store. iRobot. 2020年4月18日閲覧。
  24. ^ Rapid Charger” (英語). Roomba. iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月18日閲覧。
  25. ^ AC Adapter” (英語). Store. iRobot. 2020年4月18日閲覧。
  26. ^ Power Cord Patch” (英語). Store. iRobot. 2007年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月18日閲覧。
  27. ^ Wall Mount” (英語). Roomba. iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月18日閲覧。
  28. ^ Roomba Remote” (英語). Roomba. iRobot. 2003年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月18日閲覧。
  29. ^ Roomba® Standard Remote” (英語). Store. iRobot. 2006年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月18日閲覧。
  30. ^ Tire Tread Repair Kit” (英語). Store. iRobot. 2007年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月18日閲覧。
  31. ^ a b 金子寛人「ロボット掃除機、「ごみ取り性能」「楽しさ」競う シャープも参入」『日本経済新聞』日本経済新聞社、東京、2012年5月8日、全国書誌番号:000611712020年5月26日閲覧。
  32. ^ a b 3万9800円の掃除ロボットが日本上陸”. ITmediaニュース. アイティメディア (2002年12月2日). 2020年3月15日閲覧。
  33. ^ 39,800円のお掃除ロボット「ルンバ」レポート”. PC Watch. インプレス (2002年12月26日). 2020年3月15日閲覧。
  34. ^ a b c 萩生田秀昭 (2012年12月). “お掃除ロボット、ルンバがもたらした多大なる功績”. アナリストeyes. 矢野経済研究所. 2020年5月27日閲覧。
  35. ^ a b c 神野恵美 (2017年6月19日). “元祖ロボット掃除機の誕生から現在へ - アイロボット「ルンバ」”. マイナビニュース. マイナビ. 2020年3月8日閲覧。
  36. ^ 成田全 (2019年2月22日). “アイロボットのコリン・アングルCEOが語るロボット掃除機『ルンバ』の開発秘話”. @DIME. 小学館. 2020年3月13日閲覧。
  37. ^ ルンバ遂に登場!12月12日より放映開始!!”. プライムショッピング. プライム. 2003年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月28日閲覧。
  38. ^ 39,800円のお掃除ロボット「ルンバ」レポート”. PC Watch. インプレス (2002年12月26日). 2020年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]