ルノー・6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルノー・6
前期型
Renault 6.jpg
ボディタイプ 5ドアハッチバック
駆動方式 FF
変速機 4MT
サスペンション 前: ダブルウィッシュボーン式
後: トレーリングアーム式
車両重量 820kg
-自動車のスペック表-

ルノー・6 (Renault 6) は、1968年から1986年までルノーによって生産・販売されたコンパクトカーである。

歴史[編集]

ルノー・6はルノー・4をベースに4の上級版として開発され、1968年パリモーターショーで発表された。ルノー・4と同一のエンジン、プラットフォームを利用していたが、ルノー・4よりも大型化された。デザインはルノー・4よりも現代的にされ、ルノー・16に類似していた。

1970年のモデルまでは、一回り小さなルノー・4の845 cc エンジンを積んでいたため、パワー不足によりメディアに批判された。

その後、1970年のパリモーターショーでは、ルノー・8に用いられていた1.1 L クレオンエンジンを搭載したモデルが発表された。そのモデルには新型のトランスミッションや冷却システム、フロントディスクブレーキが採用された。さらに同年、スペイン市場においては自動車税課税非対象の956 cc エンジンを搭載したモデルを発売した。

1974年にはヘッドランプ形状を丸型から角型に変更し、また新型のテールランプやブラックプラスチックグリル、新型バンパーを採用した。

フランスを含む欧州での生産は1980年に終了したが、コロンビアではルノー・9の生産が開始された1984年、スペインとアルゼンチンでは1986年までそれぞれ生産された。

関連項目[編集]