ルネ・レオミュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルネ=アントワーヌ・フェルショー・ド・レオミュール
人物情報
生誕 René-Antoine Ferchault de Réaumur
1683年2月28日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ラ・ロシェル
死没 1757年10月17日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国サン=ジュリアン=デュ=テルーフランス語版
学問
研究分野 昆虫学動物学化学物理学
主な業績 レオミュール度の考案
全6巻からなる『昆虫誌』の執筆
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ルネ=アントワーヌ・フェルショー・ド・レオミュールフランス語:René-Antoine Ferchault de Réaumur1683年2月28日 - 1757年10月17日)は、フランスラ・ロシェル出身の科学者化学者物理学者博物学者昆虫学者)。凝固点を0°Ré、沸点を80°Réとして、その間を80等分した温度単位である「レオミュール度列氏温度)」の考案者として知られるが、昆虫学者としても活躍し、全6巻からなる大著『昆虫誌』の作者として世界的に知られる。

ポワチエイエズス会の学校で学び、ブールジュで法律と数学を学んだ。はじめは法律を専門的に学んでいたが、1703年にパリに出て自然科学に影響を受け、数学と物理の勉強を続けた。1708年には24歳の時にフランス科学アカデミーの会員に選ばれた。初め、数学特に幾何学に取り組んだが、1710年頃から実用的な工業の分野に取り組んだ。1731年に温度計に興味をもち、水の凝固点と沸点の間を80等分する、レオミュール度(列氏)目盛を発明した。鉄と鋼の精錬法を考案した業績などもあるが、現在有名なのは、『昆虫誌』6巻の著者としてである。実験の中で有名なものとしてタカに肉片や穀物を詰めた金属製の筒を飲み込ませ、胃液が機械的消化又は化学的消化が行われるかを調べた物がある。また、スズメバチの巣が木でできていることに気づき、木材パルプを使った紙を開発する原点ともなった。

また真珠の生成の発見者としても知られた。

脚注・参考文献[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]