ルネ・カントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルネ・カントン

ルネ・カントンフランス語: René Quinton1866年12月15日 - 1925年7月9日)は、フランス生理学者航空機産業の先駆者である。

医療[編集]

19世紀の終わり、ルネ・カントンは、エティエンヌ·ジュール·マレーとともに医学アカデミーのメンバーの一員であり、科学アカデミーの学長だった。[1] コレージュ·ド·フランスの研究機関 Pathologie Physiologiqueの助手として働き、さまざまな動物の種における温度および塩分濃度を調べた。カントンは、海の水は人間の血液と非常によく似ていることに注目し、飲用・点滴用の海水を作り出した。[2]

航空[編集]

カントンは航空産業に功績を残した。1908年にフランス飛行クラブの共同設立者となり 、フェルディナンド・ファーバーとともに「Ligue Nationale Aérienne」という世界初のパイロットのための学校を設立した。カントンはポール・ドゥメール、アンドレ・ミシュラン、ポール・パンルヴェとともに働いた。

また、文学および科学と芸術における名士たちによる「45」というグループのメンバーだった。

1908年5月、ファーバーはカントンの提案を受けて、グループについて発表を行い、カントンの航空産業における実績は喝采を浴びた。その後、カントンはエンジンを停止させたままで高度を50メートル以上下げることなく、5分間飛行することができたら10,000フランの賞金を出すことを発案した。[3]

参考文献[編集]

  1. ^ Quinton, le sérum de la vie, Maxence Layet et Jean-Claude Rodet, Paris, France: Editions Guy Trédaniel, 2008, ISBN 978-2-7029-0637-8
  2. ^ L'Eau de mer, milieu organique, Masson, édition Encre, Paris, 1904. Book available on the website Gallica
  3. ^ "Miscellaneous Prizes: the René Quinton Prize"Flight 17 April 1909

外部リンク[編集]