ルナリロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルナリロ
Lunalilo
ハワイ王
Lunalilo, retouched photo by J. J. Williams (PP-98-15-011).jpg
在位 1873年1月8日 - 1874年2月3日
全名 ウィリアム・チャールズ・ルナリロ
出生 1835年1月31日
ハワイ王国の旗 ハワイ王国イオラニ宮殿
死去 (1874-02-03) 1874年2月3日(39歳没)
ハワイ王国の旗 ハワイ王国ワイキキ
推定
相続人
カラカウア
王室歌 ハワイ・ポノイ
父親 チャールズ・ カナイナ
母親 ミリアム・ アウヘア・ケカウルオヒ
テンプレートを表示

ウィリアム・チャールズ・ルナリロ(William Charles Lunalilo、1835年1月31日 - 1874年2月3日)は、ハワイ王国の第6代国王である。

生涯[編集]

1835年カメハメハ1世の異母兄弟カライママフの孫として誕生。

ハワイ王国第5代国王カメハメハ5世が後継者を定めないまま1872年に亡くなったため、憲法に従い、ハワイ王国始まって以来初めて選挙によって選ばれる。これによりカメハメハ1世の直系子孫による王国支配は終焉を迎える。

ルナリロ王は肺結核にかかり、在位わずか1年1ヶ月ほどでこの世を去る。遺体は遺言により、カワイアハオ教会の墓地に母親と共に埋葬される。ルナリロ王もまた後継者を定めなかったため、再び国王選挙が行なわれ、カラカウアが選挙を制し、国王に選ばれた。

政治[編集]

親米派の政治家で、閣僚にアメリカ人を採用するなどの政策を実行した。ただし、在位期間が短いため、親米政治の影響は生前には出なかった。死後、保守親日のカラカウア王が即位したが、その頃にはハワイ王国は事実上の傀儡政権となっていた。このことから、ルナリロの即位がハワイ革命の遠因といえる。