ルトフ・アリー・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルトフ・アリー・ハーン
ザンド朝第8代
Lotf Ali Khan.jpg
在位 1789年 - 1794年
死去 1794年
イスファハーン
王朝 ザンド朝
父親 ジャアファル・ハーン
テンプレートを表示

ルトフ・アリー・ハーン(? - 1794年)は、ザンド朝の第8代、最後の君主(在位:1789年 - 1794年)。

生涯[編集]

第7代君主のジャアファル・ハーンの子。1789年に父が部下に暗殺されたため、跡を継いだ。父を暗殺した部下を始末すると、シーラーズに本拠を移してカージャール朝アーガー・モハンマド・シャーの侵入を数度にわたって防いだ。

このため、アーガー・モハンマド・シャーは標的をケルマーンに変更し、同地を占領すると城内の男子を全て殺すか目を潰した。また2万に及ぶ女子供は奴隷として扱われた。こうしてルトフは孤立して結局、バムの街で生け捕られた。ルトフはアーガー・モハンマド・シャーによって目を潰されて拷問を受けた後、イスファハーンに連行されて処刑されたという。こうしてザンド朝は滅亡した。

参考文献[編集]