ルディ/涙のウイニング・ラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルディ/涙のウイニング・ラン
Rudy
監督 デヴィッド・アンスポー
脚本 アンジェロ・ピッツォ
製作 ロバート・N・フリード
ケイリー・ウッズ
製作総指揮 リー・R・メイズ
出演者 ショーン・アスティン
ジョン・ファヴロー
ヴィンス・ヴォーン
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 オリヴァー・ウッド
編集 デヴィッド・ローゼンブルーム
配給 トライスター映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年10月13日
日本の旗 1994年6月18日
上映時間 116分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $22,750,300 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

ルディ/涙のウイニング・ラン』(Rudy)は、1993年に製作されたアメリカ映画。実在のフットボール選手ルディ・ルティガー英語版の経験を元に制作されている。公開当時はさほど話題にならなかったものの、時が経つにつれて、「最も素晴らしいアメフト映画」と評されるようになった。監督ら主なスタッフは、やはり実話に基づいたスポーツドラマ『勝利への旅立ち』と同じである。

あらすじ[編集]

ルディ(ショーン・アスティン)は幼い頃から、インディアナ州の名門大学ノートルダム大学のフットボールチーム「ファイティング・アイリッシュ」に憧れていた。地元の高校のフットボールチームではそれなりの成功を修めるものの、選手としては余りにも小柄な体格(身長160cm、体重55kg)であった。そのうえ学業成績の悪さと家庭の経済的事情があり、このため大学進学を断念して父親が勤務する地元の工場で働くことになる。しかし夢を諦めきれないルディは、給与をもらうとほとんどを学費にするため貯金し、恋人から結婚しようと言われても進学したいからと断って別れてしまう。そんなルディを同僚たちは、叶わぬ夢を追い続けていると冷ややかに見ていた。ルディにとって唯一の理解者が、同じ職場に勤務する親友ピートだった。そのピートが工場の事故で亡くなると、その悲しみを乗り越えるため、ルディは自分の夢を叶えるべく父親の反対を押し切り、サウスベンドへ向かった。ノートルダム大学を訪ねると、そこで出会った教員のカヴァナー神父により、ノートルダム大学に付随するホーリークロス短期大学への入学を認められた。そこで良い成績をとればノートルダム大学に転入できる。しかし、もともと要領が悪く学業の振るわなかったルディにとって[1]、転入が認められる成績をとるのは容易ではなかった。それでも努力の甲斐あって、ホーリークロス大学での最終学年に、ぎりぎりでノートルダム大学への転入が認められた。大喜びでルディはフットボールチームでのトライアウトを受ける。猛烈なガッツが買われなんとか合格するが、常に優勝を狙うチームにあって、小柄なルディに出番はまったくない。練習相手を務めるだけの日々であったが、チームのためと熱心に役目をこなすルディはやがて選手たちに仲間として認められ、重要な試合を前にレギュラー陣から「自分の代わりにルディを出してほしい」とコーチへの直訴が行われるまでになった。そのおかげもあって出場ユニフォームを与えられベンチ入り選手の一人となるが、拮抗した試合となり次々と選手が交代する中でもルディにだけは声がかからない。残り時間が1分を切り、僅差の優勢を保つべくコーチから時間稼ぎの攻撃をしろとの指示が出るも、選手たちはあえてリスクのある速攻を仕掛け、追加点を上げる。優位を広げると同時に試合の攻守を公正に切り替える、すなわち、プレーの手を抜くことなしにディフェンス選手であるルディの出場機会を捻出するためのチームワークであった。ついにルディはフィールド出場を果たし、公式戦の試合記録にその名を残す資格を得た。そして試合終了間際にタックルを成功させ、チームは勝利。大歓声の中、仲間たちに担ぎ上げられてフィールドを去るのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

  1. ^ 本人は知らずにいたが、ホーリークロス大学への入学後に読字障害を抱えていたことが判明する。実際のルディも同様であった。

外部リンク[編集]