ルッコラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルッコラ
ルッコラ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウチョウソウ目 Capparales
: アブラナ科 Brassicaceae
: キバナスズシロ属 Eruca
: キバナスズシロ E. vesicaria
亜種 : キバナスズシロ
E. v. subsp. sativa
学名
Eruca vesicaria (L.) Cav. subsp. sativa (Mill.) Thell. (1918)[1]
シノニム
和名
キバナスズシロ(黄花蘿蔔)
ルッコラ
英名
Arugula
Garden rocket
Rocket

ルッコラ: Rucola学名: Eruca vesicaria subsp. sativa)は、アブラナ科キバナスズシロ属(エルーカ)の1種の、葉野菜ハーブである。地中海沿岸原産の一年草[3]英語名から別名でロケット: Rocket)ともよばれる。ゴマに似た風味のある若い葉が利用され、主にサラダなどにして生で食べられる。

イタリア語の発音に近いルーコラと書かれる事もある。英語ではロケット (Roquette)、アルグラアルギュラArugula [əˈɹuːgjələ])、コールウォートColewort)。種の和名キバナスズシロ(黄花蘿蔔)[3]

名称[編集]

日本ではイタリア料理の普及とともに一般に知られるようになったため、園芸分野で広まったロケット(英語: rocket)よりもイタリア名ルッコラの方が知名度が高い。 イタリア語: rucola (ルーコラ)が標準形であり、rughetta, ruchetta (ルゲッタ、ルケッタ) とも呼ぶ。 英語: rocketフランス語: roquette (ロケット)から来ており、アメリカ英語: arugula はイタリア語の方言形から来ているといわれているが、後者が使われ出したのは20世紀半ば過ぎである。

英語名ロケットはハナダイコン Hesperis matronalis のことを指すこともある。正確には、キバナスズシロ Eruca vesicariagarden rocketrocket-salad、ハナダイコンは dame rocket などという。 スズシロとは、ダイコンを意味する。

ロボウガラシ(ルケッタ・セルヴァティカ)

イタリア語: ruchetta selvatica(「野生のルケッタ」)と呼ばれる別属の野生種ロボウガラシ Diplotaxis tenuifolia とキバナスズシロ Eruca vesicaria はどちらもルッコラやルーコラと呼ぶが、キバナスズシロのみをルーコラ、ロボウガラシをルケッタと区別することもある。

古代エジプトではエスレキンキンとよばれた[4]

特徴[編集]

イタリア料理で馴染みがある香味野菜で、食材としてのは5 - 7月か11 - 12月といわれており、葉先までピンとして茎がしっかりしたものが市場価値の高い良品とされる[5]。炒りゴマのような風味とほのかな辛みが特徴で[5][6]、成長とともに苦みが強くなる。

栄養的には、可食部100グラム (g) あたりの熱量は19キロカロリー (kcal) で、カルシウム鉄分ビタミンCビタミンEが豊富で、ビタミンCはホウレンソウの約2倍含まれている[5][6]。辛味成分のアリルイソチオシアネート抗酸化作用や肌を美しく保つ効果がある[6]。また、アリルイソチオシアネートには抗菌作用があるとされ、がん抑制などの効果があると期待されている[5]

「キバナ」という和名にもかかわらず、花は白色ないし薄いクリーム色である。

[編集]

ルッコラの野生種

系統的にはキバナスズシロ属(エルーカ)には種分化は認められず、1種キバナスズシロ Eruca vesicaria だけが属する[7][8]

しかし、細分化した種分類も広くおこなわれており、その場合、ルッコラには Eruca sativa の学名が与えられ、この種がキバナスズシロとされる。そのほかの種には、野生種 Eruca vesicaria北アフリカで栽培されている Eruca pinnatifida があり[9]、さらに多くの種を認める説もある。ただしいずれも、多少風味が違うものの、ルッコラ同様に利用される。

折衷的な説として、ルッコラを亜種 Eruca vesicaria ssp. sativa に分類することもある[10]

利用方法[編集]

加熱すると独特の辛み・苦みは消えてしまうため、風味を生かすため生で使うのがふつうである[5]。主にサラダカルパッチョとして葉を生食するほか、シンプルなパスタや焼いたピザの仕上げに散らして、彩りと香りを加えるという使い方もされる[5][3]ホウレンソウオランダガラシなどと共にサラダに混ぜて使われる。また、おひたし炒め物に使われる。

種には強壮作用があるとされハーブティーに用いられる。

イタリアでは、焼きあがったピザに載せる具材としてごく一般的に用いられる。また、カルパッチョなどの肉料理やパスタにも向いている。ステーキハンバーグや魚のムニエルなどの添え物としてもよく見られる。

栽培[編集]

プランターでの栽培
調理例(サラダ)

ほれ薬の効果があると信じられ、ローマ帝国の時代から栽培されてきたものの、大規模な生産は1990年代になるまで進んでいなかった。栽培地としてはイタリア北西部のヴェネト州が有名。

ルッコラは1年草で発芽率が高く、また病気もほとんどないため比較的栽培しやすいが、アブラムシアオムシなどの虫がつきやすい。アブラムシなど防ぐため、トンネルをかけると効果的といわれる[11]。2か月ほどで収穫することができるため、プランターでも栽培でき、家庭菜園に向いている[5]。日当たりのよい場所を好んで育つ。水はけがよく、湿り気があり、有機質を多く含んだ栄養豊富な土が適している。

早春に種まきする「春どり」、晩春から初夏に種まきする「夏どり」、晩夏から初秋に種をまく「秋どり」の各作型がある[11]。葉を採ることが目的の場合、真夏を除きいつでも種をまくことができるため、種をまく時期をずらして栽培すれば一年を通してルッコラを楽しむことができる。しかし、とう立ちさせてしまうと葉がかたくなり、食用に適しにくくなる。花は春に咲き、クリーム色をしている。アブラナ科に特有の4花弁の十字型をしており、花弁には紫色の脈が入っていて、中央部は黄みがかっている。

直まきで筋まきし、生長を見ながら間引きしながら育て、株間は3 - 4センチメートル (cm) ほどにする[11]。草丈が7 - 8 cmくらいになったら、ぼかし肥などをばらまいて追肥を行う[11]。草丈が15 cmに伸びたら収穫期で、株ごと抜くか、外側の葉から摘んで収穫する[11]

出典[編集]

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Eruca vesicaria (L.) Cav. subsp. sativa (Mill.) Thell. キバナスズシロ(標準)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年1月15日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Eruca sativa Mill. キバナスズシロ(シノニム)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年1月15日閲覧。
  3. ^ a b c 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 176.
  4. ^ ゲイリー・アレン 著、竹田円 訳『ハーブの歴史』原書房〈「食」の図書館〉、2015年1月21日、54頁。ISBN 9784562051229 
  5. ^ a b c d e f g 主婦の友社編 2011, p. 241.
  6. ^ a b c 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 60.
  7. ^ Flora of China: Eruca
  8. ^ Flora Europaea: Eruca
  9. ^ NCBI Taxonomy Browser: Eruca
  10. ^ ITIS: Eruca vesicaria
  11. ^ a b c d e 金子美登 2012, p. 162.

参考文献[編集]