ルジニキの惨事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルジニキの惨事
RIAN archive 487039 Opening ceremony of the 1980 Olympic Games.jpg
ルジニキの惨事当時のレーニン・スタジアム(モスクワオリンピック開会式の際の写真。惨事は写真正面部で発生した)
場所 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
日付 1982年10月20日
概要 試合終了間際、帰路に着こうと出口に向かう群衆の波が、階段で滞留したことをきっかけに将棋倒しが発生
死亡者 66人
負傷者 61人
テンプレートを表示

ルジニキの惨事英語: Luzhniki disasterロシア語: Трагедия в Лужниках)は、1982年10月20日ソビエト連邦(後のロシア連邦)の首都モスクワにあるセントラル・レーニン・スタジアムで行われたUEFAカップ2回戦・スパルタク・モスクワHFCハールレム戦で発生した群集事故である。この事故により66人のスパルタク・モスクワのサポーターが亡くなったが[1]多くは若者であり[2]2000年代以降においてもロシアスポーツ史上最悪の惨事と呼ばれている[3]

概要[編集]

当日、スタジアムではUEFAカップ1982-83の2回戦、地元のサッカークラブであるスパルタクオランダHFCハーレムが試合を行われていた。スパルタクがリードして迎えた終盤、観客が帰り始めた際に追加点が入ると大歓声が起き、驚いて戻ろうとする群衆と帰ろうとする群衆が交錯した。寒波のため階段が滑りやすい状況になっていたこともあり大規模な将棋倒しが発生、多数の死傷者が発生した[4]

当時のソ連では事故や不祥事を公にしない方針を採っていたこともあり、当初は死者数66人とする数字が公表発表されていたがミハイル・ゴルバチョフ政権によるグラスノスチ政策により情報統制が緩和されるようになった後、1989年に政府スポーツ委員会の新聞『ソビエトスポーツ』 (Sovetsky Sport) が死者340人と報じるなど[5]340人以上とする推計がなされるようになった。

その後、レーニン・スタジアムはルジニキ・スタジアムに改称され、同スタジアムを本拠地とするスパルタクは毎年10月20日前後に慰霊のためのイベントを実施している[6]

脚注[編集]

  1. ^ Дзичковский, Евгений (2002年3月16日). “Трагедия в Лужниках”. Sovetskaya Belorussiya – Belarus' Segodnya. http://www.sb.by/post/14733/ 2013年12月14日閲覧。 
  2. ^ Мемориал памяти погибших”. Проект "Двадцатое число" (2007年). 2013年12月14日閲覧。
  3. ^ Wilson, Jonathan (2007年10月22日). “After England, more tears fall on Moscow's plastic pitch”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/football/2007/oct/22/europeanfootball.sport1 2013年12月14日閲覧。 
  4. ^ 惨事物語る慰霊碑 開幕戦のルジニキ競技場”. 産経新聞社 (2018年6月13日). 2018年6月13日閲覧。
  5. ^ Newswire”. Los Angeles Times (1989年7月22日). 2013年12月14日閲覧。
  6. ^ “スパルタク、30年前の悲劇を追悼”. ロシアサッカー協会 (UEFA). (2012年10月22日). http://jp.uefa.com/memberassociations/association=rus/news/newsid=1879562.html 2013年2月2日閲覧。 

関連項目[編集]