ルキウス・ウェトゥリウス・ピロ (紀元前220年の執政官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルキウス・ウェトゥリウス・ピロ
L. Veturius L.f. Post.n. Philo
出生 不明
死没 紀元前210年
出身階級 パトリキ
氏族 ウェトゥリウス氏族
官職 執政官(紀元前220年)
独裁官(紀元前217年)
監察官(紀元前210年)
指揮した戦争 ローマ・ガリア戦争
後継者 ルキウス・ウェトゥリウス・ピロ (紀元前206年の執政官)
テンプレートを表示

ルキウス・ウェトゥリウス・ピロラテン語: Lucius Veturius Philo、- 紀元前210年)は紀元前3世紀後期の共和政ローマの政治家・軍人。紀元前220年執政官(コンスル)、紀元前217年独裁官(ディクタトル)、紀元前210年には監察官(ケンソル)を務めた。

出自[編集]

ピロはパトリキ(貴族)系ウェトゥリウス氏族の出身。父のプラエノーメン(第一名、個人名)はルキウス、祖父はポストミウスである。紀元前206年の執政官ルキウス・ウェトゥリウス・ピロは息子であるが、氏族としては最後の執政官となった。

経歴[編集]

紀元前220年、ピロは執政官に就任。同僚執政官はガイウス・ルタティウス・カトゥルスであった。カピトリヌスのファスティの紀元前 221年 - 紀元前219年の分は欠落しているが、354年のローマ歴(Chronographus anni 354)では、この年の正規執政官はマルクス・ウァレリウス・ラエウィヌスクィントゥス・ムキウス・スカエウォラであったとする[1]。しかし、両者は比較的は早く辞任せざるを得なかったと推測される。両者共にクラウディウス氏族の一派に属しており、対立するアエミリウス氏族コルネリウス・スキピオ家との政治抗争に巻き込まれたものと思われる[2][3]

執政官に就任したピロとカトゥルスは、ガリア・キサルピナ(アルプスの南側のガリア)に進軍しその土地の多くのガリア部族を大きな困難なく征服した。しかし、この遠征に関する詳細は不明である[4]

紀元前217年、第二次ポエニ戦争中で両執政官共に出征しており、ピロは選挙実施のための独裁官に任命された。ピロは騎兵長官(マギステル・エクィトゥム)にマルクス・ポンポニウス・マトを指名した。

紀元前210年には監察官に就任。同僚監察官はプブリウス・リキニウス・クラッスス・ディウェスであった。しかしピロはまもなく死去。監察官としての業務を実施する時間も無く、慣例に従ってディウェスも辞任した[5]

ティトゥス・リウィウスによると、ピロとディウェスは、戦利品に関する不正で有罪となっていた元執政官マルクス・リウィウス・サリナトル元老院に復帰させるよう活動したとされる[6]

脚注[編集]

  1. ^ Broughton, pg. 235
  2. ^ Johnson, pg.3
  3. ^ Dorey, pg. 8
  4. ^ ゾナラス『年代記 』、VIII 20,10
  5. ^ リウィウスローマ建国史』、XXVII, 6.17 - 18.
  6. ^ リウィウスローマ建国史』、XXVII, 34.6.

参考資料[編集]

関連項目[編集]

公職
先代:
紀元前220年の正規執政官
マルクス・ウァレリウス・ラエウィヌス
クィントゥス・ムキウス・スカエウォラ
執政官
同僚:ガイウス・ルタティウス・カトゥルス
紀元前220年
次代:
紀元前219年
ルキウス・アエミリウス・パウッルス I
マルクス・リウィウス・サリナトル I
先代:
マルクス・アティリウス・レグルス
プブリウス・フリウス・ピルス
紀元前214年
監察官
同僚:プブリウス・リキニウス・クラッスス・ディウェス
紀元前210年
次代:
プブリウス・センプロニウス・トゥディタヌス
マルクス・コルネリウス・ケテグス
紀元前209年