ルキウス・アエミリウス・バルブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルキウス・アエミリウス・バルブラ
Lucius Aemilius Barbula
(L. Aemilius Q. f. Q. n. Barbula)
出生 不明
死没 不明
出身階級 パトリキ
氏族 アエミリウス氏族
官職 執政官(紀元前281年)
プロコンスル(紀元前280年)
ケンソル(紀元前269年)
テンプレートを表示

ルキウス・アエミリウス・バルブララテン語: Lucius Aemilius Barbula)は共和政ローマパトリキ(貴族)出身の政治家・軍人。紀元前281年執政官(コンスル)を務めた。

経歴[編集]

紀元前282年、即ちバルブラが執政官に就任する1年前、ローマとターレス(現在のターラント)の間に揉め事が生じていた。ターレスに寄航しようとしたローマ船が攻撃・略奪され、その詰問に出向いたローマ外交使節は侮辱された。これを受けて元老院は、サムニウムと戦っていたバルブラに対し、ターレスに向けて軍を動かすように命令した。彼の使命は再度の交渉であったが、もしそれが拒否された場合は、宣戦布告するように指示されていた[1]

ターレスは再度ローマとの交渉を拒否した。ターレス単独ではローマに対抗することは出来なかったため、エペイロスピュロスに支援を求めた。これを察知したバルブラはターレスへの攻撃を開始し、野戦でターレス軍を破るとともに、いくつかの都市を陥落させた[2]

ピュロスが先遣として派遣したミロがイタリア半島に上陸すると、海岸沿いの狭い道でバルブラの軍を攻撃した[3]。道の片側は山で、沖合いにはターレスの艦隊が遊弋し、ローマ軍に対して矢を射掛けて来た。バルブラは側面に捕虜にしたターレス兵を置き、ターレス軍に攻撃を躊躇させた。こうしてバルブラはターレス軍の攻撃から逃れることができた[4]

執政官の任期が終了しても、バルブスはプロコンスル(前執政官)として引き続きイタリア南部での軍事作戦を続けた。ターレス、サムニウム、メサッピアに対する勝利を祝って、紀元前280年にはローマで凱旋式を実施している[5]

紀元前269年には監察官(ケンソル)を務めた。

参考資料[編集]

  1. ^ アッピアノス『ローマ史』、「サムニウムとの戦い」VIII, 3
  2. ^ オロシウス『異教徒に対する歴史』、IV, 1
  3. ^ Joannes Zonaras, "Chronicle", VII, 2
  4. ^ セクストゥス・ユリウス・フロンティヌス『戦略書』、IV, 1
  5. ^ 凱旋式のファスティ

関連項目[編集]

公職
先代:
ガイウス・ファブリキウス・ルスキヌス
クィントゥス・アエミリウス・パプス
執政官
同僚:クィントゥス・マルキウス・ピリップス
紀元前281年
次代:
プブリウス・ウァレリウス・ラエウィヌス
ティベリウス・コルンカニウス