ルイ=ベルナール・ギトン・ド・モルボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Guyton-Morveau

ルイ=ベルナール・ギトン・ド・モルボー(Louis-Bernard Guyton de Morveau、フランス革命後は、Louis-Bernard Guyton-Morveau、1737年1月4日 - 1816年1月2日)はフランス化学者である。化合物の体系的な命名法を作ったことなどで知られる。

生涯[編集]

ディジョンで生まれた。ディジョンの地方議会の判事や顧問弁護士を務めた。1773年に化学への興味を持ち、伝染病防止のための建物の消毒に、塩化水素塩素ガスを使って燻蒸することを提案した[1]。1782年に法律の仕事をやめ、化学の研究に専念し、Encyclopédie Méthodiqueの作成に参加し、化学の工業的な応用に尽力した。ガラス・鉱物学会(La Société des Mines et Verreries)を設立した。1782年に、化合物をその成分元素から命名する命名法を提案した。1783年に、スウェーデン王立科学アカデミーの外国人会員に選ばれた。化学の工業への応用の業績には、当時の高温の温度指標であった、ウェッジウッド・スケールを補正したことや、コークスを使用する鋳鉄の精錬や、ディジョンでの硝石の生産を組織した。1784年には気球の飛行も試みた。

革命期には、1790年にコート=ドール県の行政官を務め、1792年に立法議会に議員として選ばれ、ナポレオン時代の国民議会にも議員として参加した。右翼のメンバーであったが、国王ルイ16世の処刑に賛成した。銃器の製造や、気球部隊の編成に力をそそぐために議員を辞職した。1793年4月6日から7月10日までに公安委員会の委員を務めた。1794年6月26日のフリュリュスの戦いに自ら気球で飛び、他の戦いでも気球部隊を支援した。

エコール・ポリテクニークエコール・ド・マルスの創設者の一人で、エコール・ポリテクニークの鉱物学の教授となった。1795年11月20日に、科学アカデミーの化学の主要メンバーになり、1807年には科学アカデミーの会長となった。1811年に最初にフランス帝国の男爵に序せられた。

参考文献/脚注[編集]

  • Simon, Jonathan (November 2002). "Authority and authorship in the method of chemical nomenclature". Ambix (England) 49 (3): 206–26. ISSN 0002-6980. PMID 12833919.
  1. ^ 1802年に『空気を非感染的にし、伝染を防ぎ、蔓延を停止せしめる方法について』という論文を書いている。中川米造(著)『医とからだの文化史』に抜粋があるが塩酸を消毒に使うのを提案したのは流行病の原因を空気の腐敗に由来すると考え、腐敗現象にみられるアンモニアの発生は塩素によって中和され消毒されると考えたとされる。

ウィキメディア・コモンズには、ルイ=ベルナール・ギトン・ド・モルボーに関するカテゴリがあります。