ルイ=フィリップ (ベルギー王太子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルイ=フィリップ・ド・ベルジック
Louis-Philippe de Belgique
サクス=コブール・エ・ゴータ家
LouisPhilippeBel.jpg
棺の中のルイ=フィリップ(fr:Jean-Baptiste Madou画)
出生 (1833-07-24) 1833年7月24日
 ベルギーラーケン
死去 (1834-05-16) 1834年5月16日(0歳没)
 ベルギーラーケン
埋葬  ベルギー
父親 レオポルド1世
母親 ルイーズ=マリー・ドルレアン
テンプレートを表示

ルイ=フィリップ1833年7月24日 - 1834年5月16日)は、ベルギーの初代国王レオポルド1世の長男。

王位継承者として期待されたが、粘膜炎を患いわずか10ケ月で病死した。

レオポルド1世の悲嘆は大きく、前妻であるシャーロット・オーガスタ・オブ・ウェールズもまた男子を死産し没しており、一時は後継者がないまま王国が滅亡するのではないかという疑念に苛まれた。王位は弟のレオポルドが継承した。