ルイーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ルイーナとは、コンピューターゲーム『スーパーロボット大戦D』および『第2次スーパーロボット大戦OG』に登場する架空の組織である。

本項の記述は、別記がない場合は『スーパーロボット大戦D』(以下『D』と表記)における設定である。

概要[編集]

南極で発見された謎の遺跡から出現した異次元のエネルギー生命体が生み出した勢力。人間体のベースはフェリオ・ラドクリフの肉体。本来は意志や肉体を持たず、「破滅」のみを求めるエネルギー生命体であるが、フェリオの体を取り込んだことによって擬似的に構築された意識を持つようになった。「メリオルエッセ(上位存在)」と呼ばれる指揮官を擁する。破滅の王と呼ばれる存在をこの宇宙へ呼び入れることを目的として活動する。名称のルイーナ(Ruina)とは「破滅」、もしくは「廃墟」や「遺跡」を意味するラテン語

ファブラ・フォレース[編集]

【Fabra Fores = ラテン語で「創造の門」】

南極遺跡の最深部に設置されていた、この世界と異次元とをつなぐある種の「門」。フェリオ・ラドクリフ博士を始めとするリ・テクノロジスト達がこれを偶然起動させてしまったことから、ルイーナ発生の原因となった(『D』では地球の一時隔絶という現象が発生するが、皮肉にもこの事件によってアクシズ落としは阻止され、地球は核の冬から救われた)。ルイーナとの最終決戦の際には、ペルフェクティオとファートゥムに無限のエネルギーを供給し続けたものの、トレーズ・クシュリナーダの決死の特攻によりこれが途絶。ブルー・スウェアの集中攻撃を受け完全に破壊された。

『第2次スーパーロボット大戦OG』(以下『第2次OG』)においては、ファブラ・フォレースはクロスゲートの一つとされている。また、ペルフェクティオ自身からも詳細が語られ、過去に人類ではない生命体による超古代文明が作ったものであり、メリオルエッセおよびルイーナ遊撃軍の発生により「破滅の王」本体がここより侵攻を試みたため、自らの滅亡と引き換えに封印したという事が明らかとなった。ラ・ギアス事件の直後に『D』と同様の原因で起動するが、封印戦争の最終局面でウェントスがクリスの人格と共にクロスゲートへ突入し、再度封印する。

スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ』では、その封印を行ったのがフューリーである事が判明する。その際に用いられたのがグランティード・ドラコデウスだった。

なお、『スパロボ学園』で『D』のカートリッジをダブルスロットすると、強化パーツとして「ファブラ・フォレース」が手に入る。

メリオルエッセ[編集]

【Melior Esse = ラテン語で「上位存在」】

ペルフェクティオが生み出した人造人間。ペルフェクティオの意によって、負の感情を集めるために世界各地の都市を滅ぼしている。感情を与えられていない存在とされているが、グラキエース、ウェントス、アクイラ、イグニスらはそれを獲得している。当初からペルフェクティオにとっては使い捨ての存在だったらしく、DNAに崩壊因子が組み込まれ、老化を抑制する遺伝子がないため寿命は約3年。ベースとなったのはファブラ・フォレース発動時、遺跡地下にいたフェリオ・ラドクリフ及び発掘チームと思われるが、詳細は不明。

『第2次OG』ではペルフェクティオがフェリオの記憶からイメージして作りだしたものとなっている。また、ペルフェクティオ自身の発言によれば、本来メリオルエッセは、「破滅の王」本体が放った「鍵」と呼ばれる「破滅の王」本体が通るための異次元の門を開閉、および破滅の王の糧となる知的生命体の負の感情の調査する装置が他の次元に漂着した際、それに触れた知的生命体が「破滅の王」に乗っ取られて誕生するものである。フィリオが見つけた「シュンパティア」の正体とは鍵の複製品であり、そのためオリジナルの鍵とは異なり触れても即座にメリオルエッセとならなかった。クリアーナ・リムスカヤに生じた人格「リム(リアナ)」の正体は、シュンパティアに触れたことで流れ込んだメリオルエッセとしての魂であり、クリアーナが時間の経過とともに本来の人格「クリス」ではなくリムの人格が主体となっていったのは、彼女が徐々に完全なメリオルエッセへとなっていったためである。また、ジョッシュもメリオルエッセ化の兆候が見られており、グラキエースとの共鳴はそれが原因とされている。

『第2次OG』ではウンブラが、イグニスとグラキエースの誕生前にメリオルエッセは5人作られた(そのうち4人はウンブラ、コンターギオ、アクイラ、ウェントス)と言っているが、上記のよう5人目はペルフェクティオがフィリオのイメージからウンブラらを創造する以前にシュンパティアによって誕生したリムのことを示している(ウンブラらは「すでに1人メリオルエッセが誕生している」ことを認知していたが、誰かまではペルフェククティオしか把握していなかった)。

ミーレス[編集]

【Miles = ラテン語で「兵士」】

ルイーナの一般兵の名称。グラフィックは『スーパーロボット大戦A』のシャドウミラー兵に似ているが、ヘルメットやパイロットスーツが異なっている。『第2次OG』では顔全体を隠すヘルメットに変更され、戦闘時台詞には女性的なボイスが追加されている。

ルイーナ遊撃軍[編集]

ルイーナが用いた実働部隊。破滅の王をこの世界に招くためには、死にゆく者の恐怖や苦痛といった無数の負の感情が不可欠であるため、民間人も含め各地で殺戮を繰り返した。兵員、兵器とも非常に強力な軍勢であり、自軍以外の部隊はもっぱら劣勢を強いられていた。地球上にいくつか生産拠点があり、コンターギオの発言ではこの生産施設を移動しながら戦力増強を行っているらしい。

人物[編集]

声優は『第2次OG』にて初めて設定された。共通BGMは「Devastator」。

アクイラ
声:高塚正也
ルイーナの戦闘指揮官の一人。褐色の肌でスキンヘッドの巨漢。強い闘争心を持ち、「破滅の王」によって自らも滅ぼされようとも、その瞬間まで戦い続けることが自分が生きている証と言い切る。乗機は「フォルティス・アーラ」。
アクイラ(Aquila)はラテン語で「鷹」を意味する。
イグニス
声:竹内良太
ルイーナの戦闘指揮官の一人。紫色の肌を持つ男性型メリオルエッセで和風のコスチュームを纏う。獰猛で攻撃的な性格をしており、何かと豪快に笑う。同時に生み出されたグラキエースと仲が良い。そのため死の間際、ジョッシュとグラキエースに見取られる中で、彼女の異変の原因であるジョッシュを憎むようになる。最終的にはそれが祟り、撃墜されてジョッシュと対面、自身が彼に抱いていたのが「憎しみ」であることを知らされ、ペルフェクティオによって消滅させられた。『D』においては兜剣造博士を殺したのは彼になっているため兜甲児剣鉄也との因縁が深い。乗機は「インペトゥス」。
イグニス(Ignis)はラテン語で「炎」を意味する。
グラキエース
リ・テクノロジスト#グラキエース参照。
ウェントス
声:野島健児
ルイーナの一人だが戦闘指揮官ではない。『D』ではリムを主人公に選んだ場合に登場し、プレイ次第で仲間にすることが可能。リムは彼を「ウェン」と呼ぶことがある。感情らしきものを備えていたせいか、ルイーナ幹部の中では失敗作と呼ばれており、見下されていて扱いが悪い。そのかわり、負の感情を最も効率よく収集し“破滅の王”に送ることができる特性を持つ。乗機は「ストゥディウム」。
無垢で無抵抗な性質だが、リムとの出会いで少しずつ変化していく。人間の生活に触れたことがないせいかリムの味オンチに適応してしまっている。なお、ジョッシュが主人公の場合は姿を現すことはないが、彼がジョッシュとグラキエースを救う描写がある。グラキエースと違い、彼は自身の余命のことをエンディングで知るが、悲観したりすることはなくそれをただ受け入れていた。
『第2次OG』ではグラキエースと共に必ず自軍参入するが、負のエネルギーがペルフェクティオとして現界するための門であるクロスゲートを封印するため、クリスと共にクロスゲートに突入する。余命の件については特に言及されていない。
ウェントス(Ventos)はラテン語で「風」を意味する。
グラキエース同様、『D』では味方時のBGMはリムと同じ「Duologue」だが、『第2次OG』では味方時の専用BGM「Deliverer」が追加された。
コンターギオ
声:島田敏
ルイーナの戦闘指揮官の一人。体形は人間に近いが、緑色の肌でトカゲのような容貌を持つ。頭頂部から髪の束がポニーテールのように伸びている。極めて冷酷かつ残忍であり、仲間はおろか自らの死さえも破滅の王ための一部としか見ていない。ルイーナの兵器の生産を担当する。乗機は「ウィオラーケウム」。
コンターギオ(Contagio)はラテン語で「感染」を意味する。
ウンブラ
声:牛田裕子
ルイーナの戦闘指揮官の一人であり、メリオルエッセのリーダー的な存在。顔グラフィックではフードを被った奥に三つの目が光っていることしか見えないが、設定画や『第2次OG』の立ち絵では紫色の部分がターバン、グリーンの部分がベールになっており、腰の曲がった奇怪な風貌をしている。実は女性(戦闘時のセリフに現われている他、『第2次OG』ではタスクやイルムが直感的に感じ取っている。なお『第2次OG』ではボイスに強いエフェクトが掛けられ、声質からは性別を判別できなくされている)。乗機は「プリスクス・ノクス」。『D』では南極での戦闘の際、副主人公(ジョッシュまたはリムの主人公として選択しない方)に全治1ヶ月の重傷を負わせる。感情の起伏は少ないが、他のルイーナと同様に残虐で血や破壊を愛する。
メリオルエッセの中では唯一『OGDP』にも登場、地上に上がったばかりのシュウ一行と交戦している。
ウンブラ(Umbra)はラテン語で「影」を意味する。
ペルフェクティオ
声:関俊彦
ファブラ・フォレースより現れた「破滅の王」と呼ばれる存在が、フェリオ・ラドクリフの精神を消滅させその肉体を乗っ取った姿。他のメリオルエッセが何らかの要素を象徴した名前であるのに対し、その名(Perfectio)はラテン語で「完全」を意味する。外見はジョッシュによく似た同年齢の若者の姿である。乗機は「ファートゥム」。
『D』では最終ステージのみの登場だが、それ以前から断片的に存在は語られていた。
「破滅の王」本体は事実上不死身の存在であり、乗機であるファートゥムを破壊されても本体には何の影響もなく復活していた。ブルー・スウェアも、バサライヴの歌で一時的に負の波動を無効化し、ファートゥムを破壊して戦闘力を奪った上で、トレーズの特攻によりペルフェクティオを一時押しとどめ、負のエネルギーがペルフェクティオとして現界するための門であるファブラ・フォレースを一斉攻撃で破壊し、現出そのものを不可能とすることでようやく事態を収拾している。『第2次OG』ではイルイ・ガンエデンの念が協力したことで一時的に回復能力が失われ、鋼龍戦隊がファートゥムを破壊して戦闘力を奪った後、ウェントスがクロスゲートを封印することで本体の現出を阻止し、消滅した。
本来「破滅の王」は、遍く世界の死と滅びを糧として存在するとともに無限に増大していく破壊エントロピーそのものであり、意志も自我もない。「ペルフェクティオ」とは、フェリオの体を乗っ取った際、その意識が「破滅の王」に影響を与えた結果構築された疑似意識の名であり、ファートゥムと共に「破滅の王」の力を再現する媒体であるため、本来このような現れ方はしない。無限に増殖する並行世界を消滅させ続ける、いわば死という現象が具現化したものと言える存在であり、ペルフェクティオ自身が語るように破滅そのものが本質で、滅ぼすことは事実上不可能。ただし、「破滅の王」自体は独力で次元の壁を超えることが出来ず、ファブラ・フォレースやクロスゲートなどの「次元を繋ぐ門」が開いた際にそこを通じてのみ世界に現れることが出来る。そのため、「滅ぼすには手に余るが、手段を選ばなければ対処は簡単」という極端な特徴を持っている。
専用BGMは「Despair」、「Destinies(Ver.OGII)」。「Despair」はラテン語で「絶望」を意味する。曲自体は『D』から存在したが、名称は『第2次OG』で付けられた。これらのBGMはこれまでのOGシリーズでは必ず優先されるレーツェル専用BGM「Trombe!」よりも優先度が高い[注 1]

機動兵器[編集]

アンゲルス / アンゲルスS[編集]

【「人と天使のハーフ」】

ルイーナの量産機で、フォルティス・アーラを元にしたと思われる。運動性の高い高機動タイプ。ビームブレードで相手に突撃する。アンゲルスSは強化版で、腕部と脚部が増設され完全な人型となっている。『第2次OG』ではアンゲルスSは未登場。

ベルグランデ / ベルグランデS[編集]

【Belgrande = ラテン語で「巨大な」】

ルイーナの量産機で、ファービュラリスを元にしたと思われる。ハンマーロケットパンチなどの白兵戦向け武器を装備する重装甲ユニット。ベルグランデSは頭部とハンマーに突起が増えている。『第2次OG』ではベルグランデSは未登場。

スカルプルム / スカルプルムS[編集]

【Scalprum = ラテン語で「鑿」】

ルイーナの量産機で、ウィオラーケウムを元にしたと思われる。およそマシーンとは思えない有機的な外観を持ち、棘を飛ばしたり尻尾で殴ったり噛み付いたりと攻撃方法も生物的。自己修復機能がある。『D』では有人機だが、『第2次OG』ではAI制御による半生体兵器となっている。スカルプルムSは『第2次OG』には登場しない。

フォルティス・アーラ[編集]

諸元
フォルティス・アーラ
Fortis Ala
分類 人型
所属 ルイーナ
開発 ルイーナ
製造 ルイーナ
全高 32.1m
重量 78.2t
動力源 レース・アルカーナ
HMI シュンパティア
武装 サギッタルーメン
ディールプティオー
ウィリテグラディウス
カリドゥムサギッタ
乗員人数 1人
搭乗者 アクイラ

【Fortis Ala = ラテン語で「強き翼」】

アクイラの搭乗機。遠近ともにバランスのよい武装を持ち、大量のミサイルを肩と胸に搭載している。両腕は武装ユニットであり、マニピュレータを持たない。なお、メリオルエッセの機体は、5機とも武器攻撃力が2300・2500・2700・2900で統一されている。

武装
サギッタルーメン
両腕部を展開してビームを放つ。
ウィリテグラディウス
両腕部からビームソードを発生させ、突撃して突き刺す。ファービュラリスが持つ同名の武装とは別物。
ディールプティオー
MAP兵器。サギッタルーメンとアクションは同じ。
必殺技
カリドゥムサギッタ
両腕を広げて全身からミサイルを撃ち上げ、敵機の上から降り注がせる。『第2次OG』ではミサイルを撃った後、額からサーチライトを照らし、それに当たった敵に対しミサイルが向きを変えて襲い掛かる。

インペトゥス[編集]

諸元
インペトゥス
Impetus
分類 人型
所属 ルイーナ
開発 ルイーナ
製造 ルイーナ
全高 30.2m
重量 89.2t
動力源 レース・アルカーナ
HMI シュンパティア
武装 カオスラディウス
グラウェ・フランマ
エクスハラティオー
フォルテアルム
乗員人数 1人
搭乗者 イグニス

【Impetus = ラテン語で「攻撃・熱情」】

イグニスの搭乗機。炎をイメージさせる外観を持ち、そのデザイン通り炎を使った攻撃を仕掛けてくる。両腕は火炎放射器のようになっており、フォルティス・アーラ同様マニピュレータを持たない。一部の武器使用時には形態がやや変化する。

武装
カオスラディウス
両腕から炎を放つ。
グラウェ・フランマ
MAP兵器。背部ユニットを展開し、胸部から炎を放つ。
エクスハラティオー
グラウェ・フランマの通常攻撃版。
必殺技
フォルテアルム
両腕から炎の刃を出力し、敵機の周りを回りながら切り刻む。『第2次OG』では吹き出した炎によって5本指の手を形成した後、本体から放たれる強力な火炎と複数の火柱で攻撃し、炎の手で握り潰す演出となった。

ファービュラリス[編集]

ストゥディウム[編集]

諸元
ストゥディウム
Studium
分類 人型
所属 ルイーナ
開発 ルイーナ
製造 ルイーナ
全高 27.6m
重量 89.8t
動力源 レース・アルカーナ
HMI シュンパティア
武装 ワイバーンショット(ラピドゥス・ラディウス)
ワイバーンシザース(ドラコ・フォルフェクス)
ホーミングレーザー(『第2次OG』・正式名称不明)
ワイバーンバンカー(ドラコ・クラーウィス)
乗員人数 1人
搭乗者 ウェントス

【Studium = ラテン語で「情熱」】

ウェントスの搭乗機。ワイバーンモードと称される形態に変形可能。『D』では敵として登場することはなく、女主人公の場合は条件を満たすと入手可能。その場合は重傷を負って戦線離脱したジョッシュの機体のコア部分を移植することになる。第25話「運命の風」で出現したが、グラキエースにあっさり追い返された。名称がラテン語で統一されているルイーナの機動兵器において、本機のみ武装名が英語になっている。『第2次OG』ではラテン語の名称に変更された(括弧内のもの)。

武装
ワイバーンショット(ラピドゥス・ラディウス)
両腕のブレードから光線を放つ。
ワイバーンバンカー(ドラコ・クラーウィス)
ワイバーンモードに変形してショットを乱射し、それを追いかけるように両手を広げ、エネルギーを結晶化させたパイルバンカーを突き出して突撃する。
必殺技
ワイバーンシザース(ドラコ・フォルフェクス)
変形して敵機をブレードで切り刻んだ後、人型に戻って神速の連続斬りを浴びせる。方位指定型のMAP兵器版も存在。
『第2次OG』では、変形して両腕の剣からビームの刃を発生させ敵を斬り上げた後、高速で往復しながら連続して切りつけ、追尾レーザーで敵の動きを止めつつ高速で先回りし、両腕の「ドラコの剣」で貫き両外へ切り裂く。さらに人型に変形して剣を刺し、最大出力で長大なビームの刃を発生させてハサミのように真っ二つにする。
MAP兵器版では、ワイバーンモードの両腕に発振させた巨大ビームブレードで斬り付けた後、連続で突撃し、最後に人型に戻って再度ブレードで斬り裂く。

ウィオラーケウム[編集]

諸元
ウィオラーケウム
Violaceum
分類 人型
所属 ルイーナ
開発 ルイーナ
製造 ルイーナ
全高 40.6m
重量 107.9t
動力源 レース・アルカーナ
HMI シュンパティア
武装 ファタ・モルガナ
アキドゥス
コルヌーテルム
アートルム・ネブラ
乗員人数 1人
搭乗者 コンターギオ

【Violaceum = ラテン語で「菫色の」】

コンターギオの搭乗機。有機的デザインの半生体兵器で、両腕の顔で噛み付いたり、ビームを放ったり、触手を伸ばしたりといった攻撃を行なう。

武装
コルヌーテルム
全身の口から光弾を放つ。
アキドゥス
ファタ・モルガナ
必殺技
アートルム・ネブラ
突撃して全身の口で噛み砕く。『第2次OG』では毒ガスを吹き出して敵の動きを封じた後、両腕の触手を伸ばして捕縛、胴体の開口部で敵を挟み込んで固定し両腕の触手で食い千切るように攻撃、最後に挟み込んでいた胴体開口部で挟み潰してダメージを与える。

プリスクス・ノクス[編集]

諸元
プリスクス・ノクス
Priscus Nox
分類 人型
所属 ルイーナ
開発 ルイーナ
製造 ルイーナ
全高 29.2m
重量 87.1t
動力源 レース・アルカーナ
HMI シュンパティア
武装 ウェルテクス
カオスラディウス
ウィースグランデ
フォルテアルム
乗員人数 1人
搭乗者 ウンブラ

【Priscus Nox = ラテン語で「古えの夜」】

ウンブラの搭乗機。鋭角的デザインの機体で、爪や棘や円盤投げで攻撃する。1体で1部隊を壊滅させたらしい。

武装
ウェルテクス
MAP兵器。柱状の黒いエネルギーを放つ。
カオスラディウス
ラテン語で「カオスの忠告」。両肩のチャクラムを切り離して投げつける。インペトゥスの同名の武装とはまったく異なる。
ウィースグランデ
背部からミサイルを放つ。『第2次OG』では発射した針状のユニットからエネルギーを照射してダメージを与える技に変更。
必殺技
フォルテアルム
両手のクローを展開し、高速移動しながら切り刻む。インペトゥスの同名の攻撃に似る。

ファートゥム[編集]

諸元
ファートゥム
Fatum
所属 ルイーナ
開発 ルイーナ
製造 ルイーナ
生産形態 ワンオフモデル
全長 不明
重量 不明
動力源 ファブラ・フォーレス
HMI シュンパティア
武装 テネブラエ
ウルティムム
オルクステレブラー
必殺技 エデッセサペレ
乗員人数 1人
搭乗者 ペルフェクティオ

【Fatum = ラテン語で「宿命・摂理」】

「破滅の王」ペルフェクティオの機体で『D』本編のラストボス。

巨大な男女の頭が左右の腕にあり(『第2次OG』では「絶望の男面」「恐怖の女面」と称される)、これを飛ばしたりビームを出したりと武装として用いる。便宜上ペルフェクティオの専用機とするが、実質的には別の平行世界に存在するペルフェクティオ(破滅の王)の本体から流れ込んだ負のエネルギーが機動兵器の形で実体化した存在であり(ペルフェクティオ自身は「機械体」や「機械の器」と称している)、ファブラ・フォレースからエネルギー供給がなされる限り何度でも再生し復活する。しかし最後にはトレーズの特攻によりファブラ・フォレースの向こう(「破滅の王」の本体のいる世界)に無理やり押し込まれ、その間にファブラ・フォーレスが破壊されたことで実体化できなくなり消滅した。

『第2次OG』では回復能力で鋼龍戦隊を追い込むも、イルイの念が協力したことにより回復能力が失われファートゥムは撃破される。『D』と同様に「破滅の王」の本体がクロスゲートから出ようとしたが、突入したウェントスが鍵となってクロスゲートを閉じたことにより封印される(消滅した)。

武装
テネブラエ
両手の「絶望の男面」と「恐怖の女面」の顔の目や口からそれぞれ砲門を1門ずつ展開し光弾を連射する。「テネブラエ(tenebrae)」はラテン語で「闇」を意味する。
ウルティムム
本体腹部、両手の顔から負のエネルギーを放射。自機中心型のMAP兵器版が存在。『第2次OG』では本体腹部にある口から嘔吐するように闇の濁流を吐き出す。「ウルティムム(ultimum)」はラテン語で「最後、最大」を意味する。
オルクステレブラー
両手の顔からドリルを突き出し、敵機を貫く。コンボ対応。『第2次OG』では両手の顔から煙のような闇を噴き出して視界を遮った後、絶望の男面が敵機の背後に現れて口から出したドリルで貫き、そのまま回転する。「オルクステレブラー(orcus terebra)」はラテン語で「死の錐(ドリル)」を意味する。
必殺技
エデッセサペレ
両手の顔を分離して射出。巨大化した顔からさらに無数の子機を吐き出して敵機を噛み砕き、最後に両側から挟みこんで破壊する。射程が1しかないため隣接しなければ使って来ない。「エデッセサペレ(edesse sapere)」はラテン語で「英雄を食らう」という意味。
『第2次OG』においては射程も伸びており技自体も変わっている。両手の顔の部分を射出し、その仮面から叫び声のような衝撃波を相手に浴びせて異空間へと引きずり込み、相手を挟むように配置された両腕の顔が吐き出した液状のもの(おそらくウルティムムと同一のもの)で相手を覆い地面に叩きつけ、ファートゥム内部からペルフェクティオ自身が現れて彼自身がトドメを刺す演出となっている。ペルフェクティオがトドメを刺すシーンでは、体を乗っ取られたフェリオ・ラドクリフとペルフェクティオ自身の記憶がない交ぜになったような歪んだ映像が一瞬流れる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『第2次OG』では、ペルフェクティオ、およびその以降のボスキャラクターとの戦闘では常にボスキャラクターの専用BGMが流されるため、BGM自体が途切れないようにしている。

出典[編集]

関連項目[編集]