ルイーセ・ア・ダンマーク (1875-1906)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイーセ・ア・ダンマーク
Louise af Danmark
リュクスボー家
Princess Lovisa Caroline Josephine Sophie Thyra Olga of Denmark.jpg
デンマーク王女ルイーセ、1895年
出生 (1875-02-17) 1875年2月17日
 デンマークコペンハーゲン
死去 (1906-04-04) 1906年4月4日(31歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ラティボリッツ
配偶者 シャウムブルク=リッペ侯子フリードリヒ
子女 一覧参照
父親 デンマークフレゼリク8世
母親 ロヴィーサ・アヴ・スヴェーリエ
テンプレートを表示

ルイーセ・ア・ダンマークデンマーク語: Louise af Danmark, 1875年2月17日 - 1906年4月4日)は、デンマークの王族、デンマーク王女(Prinsesse af Danmark)。デンマークフレゼリク8世の長女で、シャウムブルク=リッペ侯子フリードリヒの妻。全名はルイーセ・カロリーネ・ヨセフィーネ・ソフィーエ・テューラ・オルガLouise Caroline Josephine Sophie Thyra Olga)。

生涯[編集]

フレゼリク8世とその妻でスウェーデン王カール15世の娘であるロヴィーサ(ルイーセ)の間の第3子、長女としてアマリエンボー宮殿で生まれた。1896年5月5日、シャウムブルク=リッペ侯ゲオルク・ヴィルヘルムの孫息子で、ボヘミアナーホトの領主であるフリードリヒ(1868年 - 1945年)と結婚した。しかし結婚生活は非常に不幸で、ルイーセは実家のデンマーク宮廷に長期滞在をして過ごすことが多かった。

1906年に髄膜炎を発症して数週間後、脳内の炎症が原因で急死したと発表されたが、実際には自殺を試みて夫の領地ラティボリッツ(現在のチェコ南ボヘミア州ラティボジスケー・ホルイ)の湖に身を沈めようとし、そのせいでひいた風邪をこじらせて死んだという。なお、同日に同じラティボジツェ城において、義父のヴィルヘルムも死去している。夫は1909年にアンハルト公女アントイネッテと再婚した。

子女[編集]

外部リンク[編集]