ルイーズ・マリー・ド・ブルボン=パンティエーヴル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイーズ・マリー・ド・ブルボン=パンティエーヴル
Louise Marie Adélaïde de Bourbon-Penthièvre
Louise Marie Adélaïde de Bourbon by Louise Élisabeth Vigée Lebrun.jpg
ルイーズ・マリー・ド・ブルボン=パンティエーヴル (エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン画、ヴェルサイユ宮殿美術館蔵)
称号 オルレアン公
出生 (1753-03-13) 1753年3月13日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリトゥールーズ伯邸フランス語版
死去 (1821-06-23) 1821年6月23日(68歳没)
Flag of the Kingdom of France (1814-1830).svg フランス王国イヴリー=シュル=セーヌ
配偶者 オルレアン公ルイ・フィリップ2世
子女 ルイ・フィリップ
アントワーヌ・フィリップ
ルイーズ・マリー・アデライード
ルイ・シャルル
父親 パンティエーヴル公ルイ・ジャン・マリー
母親 マリー・テレーズ・デスト=モデーヌ
テンプレートを表示

ルイーズ・マリー・アデライード・ド・ブルボン=パンティエーヴルLouise Marie Adélaïde de Bourbon-Penthièvre, 1753年3月13日 - 1821年6月23日)は、オルレアン公ルイ・フィリップ2世(別名フィリップ・エガリテ)の妻。

マドモワゼル・ディヴリー(Mademoiselle d'Ivry)、マドモワゼル・ド・パンティエーヴル(Mademoiselle de Penthièvre)、シャルトル公爵夫人(Duchess de Chartres)、オルレアン公爵夫人(Duchess d'Orléans)、あるいはオルレアン公爵未亡人(Duchesse douairière d'Orléans)、親王妃(プランセス・デュ・サン, Princesse du sang par marriage)等と呼ばれた。

生涯[編集]

パンティエーヴル公ルイ・ジャン・マリールイ14世と公妾モンテスパン侯爵夫人の孫)とマリー・テレーズ・デスト=モデーヌモデナ公フランチェスコ3世と妃カルロッタの娘、及びルイ14世と公妾モンテスパン侯爵夫人の曾孫)の娘として現在のパリ1区にある トゥールーズ伯邸フランス語版[1]で生まれた。

生後翌年に母親マリー・テレーズが亡くなった。当時の貴族女子が一般的に修道院で教育を受けるように4歳の時、パリ郊外モンマルトルの丘の中腹にあるベネディクト会女子修道院[2]に入れられた。

兄ランバル公ルイ・アレクサンドルが、その妻ランバル公妃マリー・ルイーズとの間に子がないまま1768年に早世したため、唯一の女子相続人となった。

1769年6月、ルイ・フィリップ2世と結婚。5子を生んだが、ルイ・フィリップは愛人ジャンリ夫人を子供の家庭教師と称して家に呼び込むなど、非常に不幸な結婚生活であった。フランス革命時は1793年ノルマンディーヴェルノンビジー城フランス語版に幽閉される。オルレアン家の財産が没収されると夫ルイ・フィリップ2世、次男モンパンシエ公アントワーヌ・フィリップ、三男ボージョレー伯ルイ・シャルルらは共にマルセイユサン・ジャン城フランス語版で幽閉される。

ルイーズ・マリーは兄嫁であるランバル公妃マリー・ルイーズの虐殺やルイ16世の処刑に怯えたが、1793年11月6日の夫ルイ・フィリップ2世処刑の際は気丈に振舞い、看守達を驚かせている。「平等のフィリップ(フィリップ・エガリテ)」と自称した夫のニックネームから、その後「エガリテ未亡人」(Veuve Égalité)と国民に呼ばれた。1794年に釈放されると、ドイツで亡命者の保護を行った。1796年に次男モンパンシエ公と三男ボージョレー伯が釈放されるが、2人はアメリカ合衆国へ亡命した。1797年ブルボン家の人間に国外退去命令が出ると、残されたオルレアン家一族と共にスペインへ移住した。

1814年、ルイーズ・マリーはフランスに帰国したが、長男ルイ・フィリップの国王即位を見ることなく、1821年イヴリー=シュル=セーヌの城で死亡した。死因は乳癌であった。

子女[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トゥールーズ館、現在のパリ1区・フランス銀行本店建物に用いられている。
  2. ^ 現在のパリ18区サクレ・クール寺院界隈にあった修道院サン・ドニ教会堂(サン・ドニ大修道院教会堂)も置かれていた。

関連項目[編集]