ルイ・ルノー (法学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Louis Renault
ルイ・ルノー
Louis Renault jurist.gif
生誕 (1843-05-21) 1843年5月21日
フランスの旗 フランス オータン
死没 1918年2月8日(1918-02-08)(74歳)
フランスの旗 フランス バルビゾン
ノーベル賞受賞者ノーベル賞
受賞年:1907年
受賞部門:ノーベル平和賞
受賞理由:フランスを代表する国際法学者であり、ハーグ平和会議における常設仲裁裁判所の判事として

ルイ・ルノー(Louis Renault、1843年5月21日-1918年2月8日)は、フランスの法学者で教育者。1907年にエルネスト・テオドロ・モネータとともにノーベル平和賞を受賞した。

経歴[編集]

  • 1868年から73年まで、ディジョン大学ローマ法商法の教授となった。
  • 1873年から死去するまで、パリ大学法学部の教授に就任し、1881年からは国際法を担当した。
  • 1900年からフランス外務省で国際法の委員を務めた。