ルイ・ド・ブルボン=オルレアン (オルレアン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルイ・ドルレアン
Louis d'Orléans
オルレアン公
Louis d'Orleans.JPG
出生 (1703-08-04) 1703年8月4日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国ヴェルサイユ
死去 (1752-02-04) 1752年2月4日(48歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリサント=ジュヌヴィエーヴ修道院
配偶者 アウグスタ・フォン・バーデン=バーデン
子女 ルイ・フィリップ1世
父親 オルレアン公フィリップ2世
母親 フランソワーズ・マリー・ド・ブルボン
テンプレートを表示

ルイ・ドルレアン(Louis d'Orléans, 1703年8月4日 - 1752年2月4日)は、ブルボン朝フランス貴族。オルレアン公

生涯[編集]

オルレアン公フィリップ2世と妻フランソワーズ・マリー(ルイ14世とモンテスパン夫人の間の庶子)の唯一の男子としてヴェルサイユで生まれる。1723年に父の死によりオルレアン公を継承した。

バーデン=バーデン辺境伯ルートヴィヒ・ヴィルヘルムの娘アウグスタ(オギュスタ)と結婚し、ルイ・フィリップ1世をもうけた。

先代:
フィリップ2世
オルレアン公
1723年 - 1752年
次代:
ルイ・フィリップ1世