ルイ・デレトラズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルイ・デレトラズ
Louis Deletraz.jpg
ルイ・デレトラズ (2016年)
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
生年月日 (1997-04-22) 1997年4月22日(22歳)
出身地 スイスの旗 スイス
同・ジュネーヴ
親族 ジャン=ドニ・デレトラズ (父)
過去参加シリーズ
2012
2013-15
2014-15
2015-16
2016
フォーミュラ・BMW タレント・カップ
フォーミュラ・ルノー2.0 NEC
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0
フォーミュラV8 3.5
GP2シリーズ
選手権タイトル
2015 フォーミュラ・ルノー2.0 NEC

ルイ・デレトラズLouis Delétraz, 1997年4月22日 - )は、スイス出身のレーシングドライバー

父は、F1ル・マン24時間レースへ参戦した経歴を持つジャン=ドニ・デレトラズ英語版

マスメディアによっては「ルイ・デレトラ」と表記する場合もある。

経歴[編集]

カート[編集]

デレトラズは2008年から、母国スイスにてカートレースを始めた。翌年、「ヴェガ・トロフェオ - スーパーミニ」クラスで優勝する[1]2010年には、KF3KF3)クラスの「ブリヂストン・カップ・スウィツァランド」「ヴェガ・トロフェオ - ジュニア」カテゴリーで総合3位に入る。2011年は、2年目の「ヴェガ・トロフェオ - ジュニア」にてタイトルを獲得した[2]

フォーミュラ・BMW タレント・カップ[編集]

2012年9月、ドイツモートルシュポルト・アリーナ・オッシャースレーベンにて開催された「フォーミュラ・BMW タレント・カップ」のグランド・ファイナルへ出場。シングルシーターでのキャリアをスタートさせた。3つのレースすべてでポールポジションを獲得し、レース2にはポールトゥーウィンを果たした[3]。レース3は、同郷のラルフ・ボッシュンへクラッシュを喫し両者共にリタイアとなった[4]

フォーミュラ・ルノー2.0[編集]

2013年よりデレトラズは、「フォーミュラ・ルノー」シリーズへ活動の場を移す。ヨセフ・カウフマン・レーシングから「フォーミュラ・ルノー2.0 NEC」へ参戦。初年度の最高位は第3戦シルバーストン(レース2)で記録した5位、総合19位で終える[5]

2年目となる2014年もチームへ残留。開幕戦モンツァ(レース1)で優勝するなど、表彰台圏内でのフィニッシュを計4回記録する。フォーテック・モータースポーツ英語版へ所属するベン・バーニコート英語版に次ぐ(16ポイント差)総合2位となった[6]。この年はゲストドライバーとして「ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0」へ参加している。3戦(6レース)に出場した。

2015年は「フォーミュラ・ルノー2.0 NEC」「ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0」と両選手権に並行して参戦。チームは、共にヨセフ・カウフマン・レーシングからエントリーする。3年目の「フォーミュラ・ルノー2.0 NEC」では全16レース中12回のポールを獲得、優勝9回と圧倒的な速さを見せシリーズタイトルを獲得する[7]。フル参戦を果たした「ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0」でも好調さを維持した。開幕戦モーターランド・アラゴンのレース1・2共にポールトゥーウィンを飾るなど、その後もコンスタントにポイントを稼いだ。優勝3回を記録し、最終的に総合2位まで上り詰めた[8]

フォーミュラ・ルノー3.5/フォーミュラV8 3.5[編集]

2015年、コムテック・レーシング英語版から「フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ」へスポット参戦する。第5戦レッドブル・リンクに出走した。翌年は同チームよりフルタイム参戦を果たし、総合2位へ入った[9]

GP2シリーズ[編集]

2016年11月、デレトラズはカーリンCarlin)からシーズン最終戦で出走すること発表した。レース1はリタイア、レース2では17位で終える[10]

FIA フォーミュラ2選手権[編集]

2016年12月に行われた、ポストシーズンテストに参加した後グスタフ・マルジャ英語版と共にレーシング・エンジニアリング英語版より2017年シーズンのフルタイム参戦が決定した。第8戦スパ・フランコルシャンよりラパックスRapax)へ移籍した。入賞4回、総合17位で終えた[11]。翌年はチャロウズ・レーシング・システム英語版へ移籍、2度の2位表彰台を獲得する走りを見せ総合10位となる[12]2019年からはカーリンへ移籍[13]、チームメイトは2年ぶりに同選手権へ復帰した松下信治[14]

F1[編集]

2016年2月、ルノールノー・ヤング・ドライバー・プログラムRenault's Young Driver Program)のメンバーへデレトラズが加わることを発表した[15]

2018年11月、シーズン終了後のポストシーズンテストへハースF1チームから起用されることが発表される[16]。翌年4月には、同チームのシミュレータードライバーを担当することになった[17]

レース戦績[編集]

略歴[編集]

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2012 フォーミュラ・BMW タレント・カップ - 3 1 3 1 2 40 4位
2013 フォーミュラ・ルノー2.0 NEC ヨセフ・カウフマン・レーシング 16 0 0 0 0 77 19位
2014 15 1 1 0 5 242 2位
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0 AVF 4 0 0 0 0 0 NC
ヨセフ・カウフマン・レーシング 2 0 0 0 0
2015 フォーミュラ・ルノー2.0 NEC 16 9 12 8 12 378 1位
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0 17 3 5 3 5 193 2位
フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ コムテック・レーシング 2 0 0 0 0 0 29位
2016 フォーミュラV8 3.5 シリーズ フォーテック・モータースポーツ 18 2 3 5 9 230 2位
ADAC・GT・マスターズ シューベルト・モータースポーツ 8 0 0 0 0 14 36位
GP2シリーズ カーリン 2 0 0 0 0 0 26位
2017 FIA フォーミュラ2選手権 レーシング・エンジニアリング 14 0 0 0 0 16 17位
ラパックス 8 0 0 0 0
2018 チャロウズ・レーシング・システム 24 0 0 0 2 74 10位
2019 カーリン 6 0 0 0 0 16 10位*
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

ゾルダー24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回数 順位 クラス
順位
2015年 ドイツの旗 ワルケンホースト・モータースポーツ アメリカ合衆国の旗 トレント・ハインドマン
スウェーデンの旗 ヴィクター・ブーヴェン
ドイツの旗 ディアク・アドルフ
BMW・M235i・レーシング・カップ T7 710 15位 7位

フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ/フォーミュラV8 3.5 シリーズ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2015年 コムテック・レーシング ALC
1
ALC
2
MON
1
SPA
1
SPA
2
HUN
1
HUN
2
RBR
1

15
RBR
2

Ret
SIL
1
SIL
2
NÜR
1
NÜR
2
BUG
1
BUG
2
JER
1
JER
2
29位 0
2016年 フォーテック・モータースポーツ ALC
1

1
ALC
2

5
HUN
1

3
HUN
2

4
SPA
1

3
SPA
2

Ret
LEC
1

6
LEC
2

1
SIL
1

10
SIL
2

6
RBR
1

2
RBR
2

4
MNZ
1

2
MNZ
2

3
JER
1

12
JER
2

2
CAT
1

2
CAT
2

4
2位 230

GP2シリーズ/FIA フォーミュラ2選手権[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 DC ポイント
2016年 カーリン CAT
FEA
CAT
SPR
MON
FEA
MON
SPR
BAK
FEA
BAK
SPR
RBR
FEA
RBR
SPR
SIL
FEA
SIL
SPR
HUN
FEA
HUN
SPR
HOC
FEA
HOC
SPR
SPA
FEA
SPA
SPR
MNZ
FEA
MNZ
SPR
SEP
FEA
SEP
SPR
YMC
FEA

Ret
YMC
SPR

17
26位 0
2017年 レーシング・エンジニアリング BHR
FEA

20
BHR
SPR

12
CAT
FEA

11
CAT
SPR

14
MON
FEA

14
MON
SPR

16
BAK
FEA

Ret
BAK
SPR

16
RBR
FEA

17
RBR
SPR

13
SIL
FEA

12
SIL
SPR

13
HUN
FEA

10
HUN
SPR

12
17位 16
ラパックス SPA
FEA

14
SPA
SPR

12
MNZ
FEA

7
MNZ
SPR

4
JER
FEA

17
JER
SPR

12
YMC
FEA

10
YMC
SPR

Ret
2018年 チャロウズ・レーシング・システム BHR
FEA

13
BHR
SPR

9
BAK
FEA

Ret
BAK
SPR

10
CAT
FEA

Ret
CAT
SPR

10
MON
FEA

4
MON
SPR

2
LEC
FEA

6
LEC
SPR

2
RBR
FEA

Ret
RBR
SPR

Ret
SIL
FEA

4
SIL
SPR

5
HUN
FEA

17
HUN
SPR

9
SPA
FEA

18
SPA
SPR

13
MNZ
FEA

13
MNZ
SPR

11
SOC
FEA

12
SOC
SPR

13
YMC
FEA

6
YMC
SPR

6
10位 74
2019年 カーリン BHR
FEA

5
BHR
SPR

5
BAK
FEA

Ret
BAK
SPR

Ret
CAT
FEA

12
CAT
SPR

11
MON
FEA

MON
SPR

LEC
FEA

LEC
SPR

RBR
FEA

RBR
SPR

SIL
FEA

SIL
SPR

HUN
FEA

HUN
SPR

SPA
FEA

SPA
SPR

MNZ
FEA

MNZ
SPR

SOC
FEA

SOC
SPR

YMC
FEA

YMC
SPR

10位* 16*

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Vega Trofeo - Super Mini 2009 standings”. DRIVER DATABASE. 2019年5月1日閲覧。
  2. ^ Vega Trofeo - Junior 2011 standings”. DRIVER DATABASE. 2019年5月1日閲覧。
  3. ^ Louis Delétraz leads from start to finish to win second race of final in Oschersleben”. AutoMobilSport.com (2012年9月15日). 2019年5月1日閲覧。
  4. ^ Marvin Dienst wins third race of “Grand Final” to be crowned overall winner”. AutoMobilSport.com (2012年9月16日). 2019年5月1日閲覧。
  5. ^ Formula Renault 2.0 NEC 2013 standings”. DRIVER DATABASE. 2019年5月1日閲覧。
  6. ^ Formula Renault 2.0 NEC 2014 standings”. DRIVER DATABASE. 2019年5月1日閲覧。
  7. ^ Formula Renault 2.0 NEC 2015 standings”. DRIVER DATABASE. 2019年5月1日閲覧。
  8. ^ Formula Renault 2.0 Eurocup 2015 standings”. DRIVER DATABASE. 2019年5月1日閲覧。
  9. ^ Formula V8 3.5 2016 standings”. DRIVER DATABASE. 2019年5月1日閲覧。
  10. ^ GP2 Series 2016 standings”. DRIVER DATABASE. 2019年5月1日閲覧。
  11. ^ DRIVER STANDINGS - Formula 2 2017”. F2 FIA FORMULA 2 CHAMPIONSHIP. 2019年5月2日閲覧。
  12. ^ DRIVER STANDINGS - Formula 2 2018”. F2 FIA FORMULA 2 CHAMPIONSHIP. 2019年5月2日閲覧。
  13. ^ ルイ・デレトラズ、2019年はカーリンからF2に参戦”. F1-Gate.com (2019年1月8日). 2019年5月2日閲覧。
  14. ^ 松下信治、2019年にカーリンからF2に参戦!”. F1-Gate.com (2018年11月27日). 2019年5月2日閲覧。
  15. ^ Renault names Ocon as F1 reserve, plus four-man academy”. FORMULA SCOUT (2016年2月3日). 2019年5月2日閲覧。
  16. ^ ハースF1チーム、ルイ・デレトラズをアブダビテストに起用”. F1-Gate.com (2018年11月2日). 2019年5月3日閲覧。
  17. ^ F2参戦中のルイ・デレトラズ、シミュレータードライバーとしてハースF1と契約”. auto sport Web (2019年4月25日). 2019年5月3日閲覧。