ルイビル海山列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Louisville seamount chain - bathymetry.jpg

ルイビル海山列(るいびるかいざんれつ 英語:Louisville seamount chain)は、太平洋南西部にある、70以上の海山からなる列。地球上最長の海山列の一つであり、長さはおよそ4300kmに達する[1]太平洋南極海嶺から東北東にトンガケルマデック海溝まで伸び、そこで太平洋プレートの一部としてインド・オーストラリアプレートに沈み込んでいる。この海山列は、ルイビルホットスポット上を太平洋プレートが移動することで形成された。

ルイビル海山列の存在は1972年に明らかになった[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Vanderkluysen, L.; Mahoney, J. J.; Koppers, A. A.; and Lonsdale, P. F. (2007). Geochemical Evolution of the Louisville Seamount Chain, American Geophysical Union, Fall Meeting 2007, abstract #V42B-06.
  2. ^ Sandwell, David T.; Walter H.F. Smith (1997年). “Exploring the ocean basins with satellite altimeter data”. Satellite Geodesy. La Jolla: Scripps Institution of Oceanography. 2010年1月19日閲覧。 “The Louisville seamount chain was first detected in 1972 using depth soundings collected along random ship crossings of the South Pacific. Six years later the full extent of this chain was revealed by a radar altimeter aboard the Seasat (NASA) spacecraft.”

外部リンク[編集]