ルイス・デロスサントス (内野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルイス・サントスから転送)
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデロスサントス第二姓(母方の)はマルティネスです。
ルイス・デロスサントス
Luis de los Santos
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サン・クリストバル州サン・クリストバル
生年月日 (1966-12-29) 1966年12月29日(50歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手
プロ入り 1984年 MLBドラフト2巡目
初出場 MLB /1988年9月7日
CPBL /1994年3月15日
NPB /1997年4月4日
KBO /2001年
最終出場 MLB /1991年5月28日
CPBL /1996年
NPB /1997年6月5日
KBO /2001年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ルイス・マニュエル・デロスサントス・マルティネスLuis Manuel de los Santos Martínez, 1966年12月29日 - )は、ドミニカ共和国サン・クリストバル出身の元プロ野球選手内野手)。読売ジャイアンツでの登録名は「ルイス」。

経歴[編集]

プロ入りとロイヤルズ時代[編集]

1984年のMLBドラフト2巡目でカンザスシティ・ロイヤルズに指名を受け契約。

1988年9月7日にメジャーデビュー。

ロイヤルズ退団後[編集]

1991年デトロイト・タイガースに移籍。

1992年メキシカンリーグでプレーした後、1993年にはフロリダ・マーリンズに移籍した。

1994年から1996年までは、台湾中華職業棒球大聯盟兄弟エレファンツでプレー。1994年は最多安打、1995年は打点王と最多安打、1996年は首位打者と3年連続でタイトルを獲得し、3年間の通算打率は.361であった。

巨人時代[編集]

1996年に台湾球界出身のバルビーノ・ガルベスマリオ・ブリトーを獲得して成功した読売ジャイアンツは早くからルイスに目を付けており、シーズン終了後に監督の長嶋茂雄直々の入団テストを経て巨人に入団。台湾での高打率から「台湾のイチロー」の異名で期待された。ルイス獲得により、1995年の入団以降安定した数字を残していたシェーン・マックは契約を延長されずに退団となった。

台湾での3年間は三塁手で276試合に出場して62失策であったが、長嶋は「ゴールデングラブ賞を獲っていたんです。私が言うんだから間違いありません」と守備面でも高く評価していた。だが、キャンプに入ると真正面のゴロを取るのすら覚束ないほどの守備難が露呈。エリック・ヒルマンが「安心して投げることができない」と批判すると、ルイスは「お前が三振に取ればいい」と返したという。

このように守備に不安を抱えながらも1997年の開幕からしばらく三塁で先発出場していたが、拙守に加えて打撃でも精彩を欠き、鈍足の上に塁に出ても飛び出しや暴走でしばしばアウトになるなど走攻守全てにいいところがなく、5月からは後藤孝志にスタメンの座を譲る試合が増えていった。6月5日の対ヤクルトスワローズ戦では9回にその後藤の代打で出場したところ、解説の掛布雅之に「後藤君に打たせてあげてほしい」と言われる始末で、結局この打席で三振に倒れたのを最後に二軍落ちした。なお、オープン戦で東京ドームのレフトスタンド中段に本塁打を打ったのを見た掛布は「ホームラン30本は固いですね」とコメントしていた。二軍では3割を大きく超える打率を残したが、再昇格は果たせずにシーズン途中で戦力外通告を受け、退団した。酷評された守備では、走者の有無に関係なく常に極端な前進姿勢を取っていたのが特徴的であった。

巨人退団後[編集]

1998年からは、台湾・台湾職業棒球大聯盟高屏雷公でプレー。巨人時代の不振がまるでウソのように、首位打者と打点王の二冠に加え、ゴールデングラブ賞も獲得する。

2001年は、韓国ヘテ・タイガース(シーズン途中に起亜タイガースに球団名を変更)で、登録名サントス(산토스)で、プレー。

2002年は、独立リーグメキシカンリーグでプレーした。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1988 KC 11 26 22 1 2 1 1 0 5 1 0 0 0 0 4 0 0 4 3 .091 .231 .227 .458
1989 28 92 87 6 22 3 1 0 27 6 0 0 0 0 5 0 0 14 2 .253 .293 .310 .604
1991 DET 16 32 30 1 5 2 0 0 7 0 0 0 0 0 2 0 0 4 2 .167 .219 .233 .452
1994 兄弟 90 369 349 54 125 29 0 14 196 64 1 3 1 1 18 6 0 37 8 .358 .389 .562 .950
1995 100 423 386 53 136 23 1 14 203 72 3 1 0 6 30 7 1 33 23 .352 .395 .526 .921
1996 92 393 355 65 133 26 2 22 229 75 2 1 0 2 36 7 0 63 9 .375 .430 .645 1.075
1997 巨人 39 124 114 7 27 6 1 0 35 14 0 0 0 2 8 0 0 15 3 .237 .282 .307 .589
2001 ヘテ
起亜
130 541 484 74 150 19 0 26 247 107 1 0 1 9 46 8 1 66 17 .310 .364 .510 .874
MLB:3年 55 150 139 8 29 6 2 0 39 7 0 0 0 0 11 0 0 22 7 .209 .267 .281 .547
CPBL:3年 282 1185 1090 172 394 78 3 50 628 211 6 5 1 9 84 20 1 133 40 .361 .405 .576 .981
NPB:1年 39 124 114 7 27 6 1 0 35 14 0 0 0 2 8 0 0 15 3 .237 .282 .307 .589
KBO:1年 130 541 484 74 150 19 0 26 247 107 1 0 1 9 46 8 1 66 17 .310 .365 .510 .875
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • ヘテ(ヘテ・タイガース)は、2001年途中に起亜(起亜タイガース)に球団名を変更

タイトル[編集]

CPBL
  • 最多安打:2回 (1994年、1995年)
  • 打点王:1回 (1995年)
  • 首位打者:1回 (1996年)

表彰[編集]

CPBL
  • ベストナイン:2回 (1994年、1995年)

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 51 (1988年)
  • 9 (1989年)
  • 17 (1991年)
  • 49 (1997年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]