ルイス・クラージェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルイス・クラージェスLouis Krages1949年8月12日 - 2001年1月11日)は、ドイツのカーレーサーである。家族、特に病弱だった母親にカーレースをしている事実を隠すためジョン・ヴィンターJohn Winter )の偽名で参戦していたため、その名前の方が有名である。ルーイー・クラーゲス、ジョン・ウインターとも表記される。

概歴[編集]

1976年レースデビュー。最初の2年間は実家が材木業を営んでいたことからピーター・ウッドという偽名でレース活動を行う。1978年からクレマー・レーシングから世界耐久選手権(WEC)などに参戦。1983年からヨースト・レーシングでレース活動を行う。

1985年のル・マン24時間レースにヨースト・レーシングからクラウス・ルドヴィク(Klaus Ludwig )、パオロ・バリッラとともにポルシェ・956に乗って参戦し、優勝した。優勝者のみが上がることを許されるバルコニーに帽子を深く被って現れ、カメラマンが撮影している間ずっと下を向いていた。しかし家に帰ると母親に「おめでとう」と言われ、ずっと以前からレースに出ていることは全て母にバレていたことが判明したという。ル・マン24時間レースには全部で10回参戦し、1988年にはフランク・イエリンスキー(Frank Jelinski )、スタンレー・ディケンズ(Stanley Dickens )とともにポルシェ・962Cで3位に入っている。なお、WEC-JAPANで来日した際のインタビューでは「レース歴はスポーツカーレースだけでフォーミュラの経験はないよ」と述べている。また"ジョン・ウインター"と言う名前については「本名だよ(笑)」と回答をかわしている[1]

1991年デイトナ24時間レースではフランク・イエリンスキー、ボブ・ウォレク、ハーレイ・ヘイウッド(Hurley Haywood )、アンリ・ペスカロロと組んでポルシェ・962Cで優勝した。

2001年1月11日、経営問題とうつ病から自宅にてピストル自殺した。

参照[編集]

  1. ^ WEC・イン・ジャパン COMMENTS OF THE FOREIGNERS "ジョン・ウィンター" Racing On 1986年12月号(No.008) 52頁、武集書房
先代:
アンリ・ペスカロロ
クラウス・ルドヴィク
ル・マン24時間優勝者
1985 with:
クラウス・ルドヴィク
パオロ・バリッラ
次代:
デレック・ベル
ハンス=ヨアヒム・スタック
アル・ホルバート

参考文献[編集]

  • 『偽名のレース人生 ジョン・ウインター』、「オートスポーツ」 No.511、三栄書房、1988年。
  • 『ルマン 伝統と日本チームの戦い』GP企画センター編 ISBN 4-87687-161-2
  • 黒井尚志著『ル・マン 偉大なる草レースの挑戦者たち』集英社 ISBN 4-08-780158-6