ルイス・イェルムスレウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ルイス・イェルムスレウ(Louis Hjelmslev、1899年10月3日 - 1965年5月30日)は、デンマーク言語学者記号学の一種である言理学英語版と呼ばれる独自の言語哲学を開拓した。

略歴[編集]

イェルムスレウはコペンハーゲンに生まれた。父親はコペンハーゲン大学数学の教授だった[1]

1920年にコペンハーゲン大学に入学し、ホルガー・ペデルセン比較言語学を学んだ。リトアニアプラハパリに遊学し、1926年から翌年にかけて、パリでアントワーヌ・メイエに学んだ[1]

プラハ学派にならって1931年コペンハーゲン学派(Cercle linguistique de Copenhague)を結成し、没するまでその会長だった。イェルムスレウはプラハ学派の音韻論を不十分と考え、単なる言語学の理論ではなく、人文科学全般の一般的な方法論としての言理学の理論を押し進めた[2]

コペンハーゲン学派におけるイェルムスレウの重要な協力者だったハンス・ヨルゲン・ウルダル英語版ダニエル・ジョーンズの友人であり、ジョーンズはウルダルから言理学について説明を受けたが、ほとんど理解されなかった[3]。しかし音韻論に関してはプラハ学派と並んでジョーンズはイェルムスレウの重要な相談相手だった[4]

1932年にバルト語派の研究で博士の学位を取得した。1934年からオーフス大学に職を得た[5]。1937年にはペデルセンの後任としてコペンハーゲン大学の比較言語学教授に就任した[6]

論著、思想[編集]

1929年に最初の著書『一般文法の原理』を出版した。学んだのは比較言語学であったにもかかわらず、イェルムスレウは最初から一般言語学の体系化を目ざした。

  • Principes de grammaire générale. Copenhague: Bianco Lunos Bogtrykkeri. (1929). 

1943年に第二の著書『言語理論の確立をめぐって』(言語理論序説、英訳タイトル「Prolegomena to a Theory of Language」でも知られる)を出版した。「メタ言語」や「共示」などの考えはこの著書に現れる。

  • Omkring sprogteoriens grundlæggelse. København: Ejnar Munskgaard. (1943). 

1959年に『言語学研究』を出版した。没後の1973年に『言語学研究2』、1975年に『言語理論概説』が出版された。

  • Essais linguistiques. Travaux du cercle linguistique de Copenhague. XII. København: Nordisk Sprog- og Kulturforlag. (1959). 
  • Essais linguistiques II. Travaux du cercle linguistique de Copenhague. XIV. København: Nordisk Sprog- og Kulturforlag. (1973). 
  • Résumé of a Theory of Language. Travaux du cercle linguistique de Copenhague. XVI. København: Nordisk Sprog- og Kulturforlag. (1975). 

イェルムスレウの理論は独自の術語を大量に用いたもので、難解なことで知られている。

邦訳[編集]

  • 小林英夫訳『一般文法の原理』三省堂, 1958年. 再版, 1974年
  • 林栄一訳『言語理論序説』研究社出版, 1959年. ゆまに書房, 1998年
  • 竹内孝次訳『言語理論の確立をめぐって』岩波書店, 1985年
  • 下宮忠雄, 家村睦夫訳『言語学入門』紀伊國屋書店, 1968年

脚注[編集]

  1. ^ a b バディル(2007) p.7
  2. ^ バディル(2007) pp.9-10
  3. ^ Collins & Mees (1999) p.332
  4. ^ バディル(2007) p.238
  5. ^ バディル(2007) p.239
  6. ^ バディル(2007) p.240

参考文献[編集]