ルイザ・ピッカレータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神のはしため、ルイザ・ピッカレータ(The Servant of God, Luisa Piccarreta1865年4月23日-1947年3月4日)は、飲食物を摂取することなく、64年間、聖体のみで生き続けたとされるカトリック教会神秘家[1]

来歴[編集]

1865年4月23日、ルイザ・ピッカレータは農業を営むヴィト・ニコラ・ピッカレータとローザ・タランティーニの5人の娘の四女としてイタリアコラートに生まれる。1874年、9歳の時に最初の聖体拝領を受ける。1881年、16歳の時に十字架を担うイエス・キリストがルイザに出現する[2]1883年、18歳の時にドミニコ会第3会員となる。1899年から自己の神秘体験を執筆し始め36冊の著作を残す。10代の時から、聖体以外のものを摂取せず、ほとんど睡眠もとらずにベッドの中で暮らしたとされる。ルイザの霊性は神の意志との一致である。1947年3月4日、コラートで死去[1][3]。 

脚注[編集]

外部リンク[編集]