ルイサ・フェルナンダ・ルディ・ウベダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はルディ第二姓(母方の)はウベダです。
ルイサ・フェルナンダ・ルディ・ウベダ
Luisa Fernanda Rudi Úbeda
Luisa Fernanda Rudi.png
生年月日 (1950-12-13) 1950年12月13日(67歳)
出生地 スペインの旗 スペインセビリア県セビリア
出身校 サラゴサ大学
前職 会計士
所属政党 国民同盟(AP)
国民党(PP)

在任期間 1995年6月17日 - 2000年4月8日

在任期間 2002年7月10日 - 2004年4月18日

在任期間 2004年7月20日 - 2008年3月31日

在任期間 2011年7月13日 - 2015年7月3日
テンプレートを表示

ルイサ・フェルナンダ・ルディ・ウベダスペイン語: Luisa Fernanda Rudi Úbeda1950年12月13日 - )は、スペインセビリア県セビリア出身の政治家サラゴサ大学卒業。国民党(PP)所属。女性初のサラゴサ市長、女性初のスペイン下院議長、欧州議会議員、女性初のアラゴン州首相などを歴任した。

経歴[編集]

アンダルシア地方セビリア県セビリア出身。父親はナバーラ地方にルーツを持つアラゴン地方出身者であり、軍人としてセビリアに駐屯していた際にルイサ・フェルナンダが生まれた。一家はアフリカ大陸にあるスペイン領サハラ(現・西サハラ)のアイウンにも3年間住んでおり、その後アラゴン地方のサラゴサに引っ越した。ここでサラゴサ大学を卒業している。サラゴサ商業学校でも学び、1979年には会計士となった。

1982年には国民同盟(AP)から1982年スペイン議会総選挙に出馬したが落選した。1986年には1986年スペイン議会総選挙に出馬して当選し、サラゴサ県選挙区選出のスペイン下院議員となった。1989年には国民同盟が国民党(PP)となり、1989年スペイン議会総選挙では2選を、1993年スペイン議会総選挙では3選を果たした。

1995年にはサラゴサ市議会議員選挙に国民党の筆頭候補(市長候補)として出馬し、女性初のサラゴサ市長に就任した。1999年のサラゴサ市議会議員選挙にも国民党の筆頭候補として臨み、サラゴサ市長としての2期目を歩み始めたが、2000年には任期途中でサラゴサ市長を退任し、2000年スペイン議会総選挙に出馬して再び下院議員となった。2000年4月5日には女性初のスペイン下院議長に就任し、2004年4月18日まで下院議長を務めた。

2004年には2004年欧州議会議員選挙に出馬して当選し、2008年3月31日まで欧州議会議員を務めた。欧州議会産業研究エネルギー委員会英語版の委員を務め、またEU=メキシコ合同議会委員会の代表団の委員を務めた。2008年には2008年スペイン議会総選挙に出馬し、みたび下院議員となった。

2011年にはアラゴン州議会議員選挙に筆頭候補(州首相候補)として出馬して当選した。州首相指名投票では国民党のほかにアラゴン人党(PAR)からの支持も得て、7月13日には女性初のアラゴン州首相に就任した。2015年7月3日にアラゴン州首相を退任した。

外部リンク[編集]

先代:
マルセリーノ・イグレシアス
スペイン下院議長
2011年-2015年
次代:
ハビエル・ランバン