ルアル・ナ・ルブレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルアル・ナ・ルブレ
Luar na Lubre en Tradicionàrius de 2016.jpg
ルアル・ナ・ルブレ, 2016
基本情報
出身地 スペインの旗 スペイン ガリシア州ア・コルーニャ
ジャンル ケルト音楽
活動期間 1986年 - 現在
レーベル Edigal
ワーナー・ミュージック・グループ
公式サイト www.luarnalubre.com
メンバー イルマ・マシアス
ビエイト・ロメーロ
Antía Ameixeiras
パチ・ベルムデス
ペドロ・バレーロ
シャビエル・フェレイロ
シャン・セルケイロ
旧メンバー アナ・エスピノサ
ロサ・セドロン
サラ・ロウラソ・ヴィダル
シュリオ・バレーラ
エドゥアルド・コマ
パウラ・レイ・トレイロ

ルアル・ナ・ルブレLuar na Lubre)は、スペイン北西部、スペイン・ケルトの地として知られるガリシア州を代表する音楽グループ。luarとはガリシア語で月の光を、lubreとはドルイド僧が呪術を行った魔法の森を意味する。

概要[編集]

1992年よりマイク・オールドフィールドと親交を深め、オールドフィールドのアルバム『ヴォイジャー』(1996年)ではルアル・ナ・ルブレが1988年に発表した曲「O Son do Ar」がカヴァーされ、更に1999年にはオールドフィールドのツアー「ライヴ・ゼン&ナウ1999」で前座を務めて[1]、世界的に知られるようになり、現在はガリシアを代表するグループとなった。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

  • アナ・エスピノサ - ボーカル
  • ロサ・セドロン - ボーカル、チェロ(2005年脱退)
  • サラ・ロウラソ・ヴィダル - ボーカル (2011年脱退)
  • エドゥアルド・コマ - フィドル
  • シュリオ・バレーラ - ブズーキ、ボーカル、パーカッション
  • パウラ・レイ・トレイロ - ボーカル (2017年脱退)

ディスコグラフィー[編集]

  • Ribeira Sacra (2018)
  • XXX Aniversario (2016)
  • Extra: Mundi (2015)
  • Torre de Breoghán (2014)
  • Sons da lubre nas noites de luar (2012)
  • Mar Maior (2012)
  • Solsticio (2010)
  • Ao Vivo! (2009) - 初のライブアルバム
  • Camiños da Fin da Terra (2007)
  • Saudade (2005)
  • Hai un paraiso (2004)
  • Espiral (2002)
  • XV Aniversario (2001)
  • Cabo do Mundo (1999)
  • Plenilunio (1997)
  • Ara Solis (1993)
  • Beira Atlántica (1990)
  • O Son do Ar (1988)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Historia - Luar na Lubre - Música celta desde Galicia” (ガリシア語). luarnalubre.com. 2019年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]