リーヴァイ・ケーシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リーヴァイ・ケーシー Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム リーヴァイ・B・ケーシー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 三段跳
所属 LAAC, Los Angeles (USA)
生年月日 1904年10月19日
生誕地 アメリカ合衆国イリノイ州ヴァイアナ(en:Vienna, Illinois
居住地 LAAC, Los Angeles (USA)
没年月日 1983年4月1日(満78歳没)
死没地 アメリカ合衆国オクラホマ州
身長 185cm
体重 84kg
自己ベスト 三段跳:15m18(1930年)
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 陸上競技
オリンピック
1928 アムステルダム 三段跳
編集 テンプレートのヘルプを表示する

リーヴァイ・ケーシーLevi B. Casey1904年10月19日 - 1983年)は、アメリカ合衆国の元陸上競技選手である。彼は1928年に開催されたアムステルダムオリンピックの三段跳競技で銀メダルを獲得した。

経歴[編集]

ケーシーは1926年から3年連続でAAUの競技会で優勝した経験を持ち、アムステルダムオリンピックでも三段跳競技のアメリカ合衆国代表に選出された。

アムステルダムオリンピックでの三段跳競技は、24名の選手が出場して8月2日に予選と決勝が実施された。ケーシーは予選で14メートル93センチの記録を出し、予選3位となって決勝に進んだ。

決勝は予選の上位通過者6人によって争われた。ケーシーは15メートル17センチの記録で日本代表の織田幹雄に続いて2位となり、銀メダルを獲得した[1]。アメリカ合衆国の選手が三段跳でメダルを獲得したのは、1904年セントルイスオリンピック以来のことであり、その後は1976年モントリオールオリンピックジェームズ・バッツが銀メダルを獲得するまで、メダル獲得者は現れなかった[2]

1932年ロサンゼルスオリンピックへ向けたアメリカ国内の最終選考会で3位になったが、代表には選出されなかった。なお、ケーシーはアムステルダムオリンピックで獲得した銀メダルを、当時交際していた女性に渡していた。彼の死後10年以上経ってから、その女性の娘はメダルを返還しようと彼の家族を探し始めたという。

脚注[編集]

  1. ^ Athletics at the 1928 Amsterdam Summer Games:Men's Triple Jump(英語)
  2. ^ 非公式大会扱いの1906年アテネオリンピックでは、トーマス・クロナンen:Thomas Cronan)が銅メダルを獲得している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]