リーマン・ルベーグの補題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リーマン・ルベーグの補題は上のような関数の積分が小さいことを述べている.積分は振動の回数が増えると 0 に近づく.

数学において,リーマン・ルベーグの補題: Riemann–Lebesgue lemma)は,調和解析漸近解析英語版において重要な定理である.ベルンハルト・リーマンアンリ・ルベーグにちなんで名づけられた.

補題は L1 関数フーリエ変換あるいはラプラス変換が無限遠において消えることを述べている.

主張[編集]

fRdL1 可積分,つまり |f|ルベーグ積分が有限のとき,fフーリエ変換は次を満たす:

他のバージョン[編集]

リーマン・ルベーグの補題は他のいろいろな状況において成り立つ.

  • fL1 可積分で (0, ∞) に台を持つとき,リーマン・ルベーグの補題は f のラプラス変換に対しても成り立つ.つまり,半平面 Re(z) ≥ 0 内で |z| → ∞ としたとき
となる.
これは f を区間の外では 0 として拡張し,実数直線全体でのバージョンを適用することで分かる.
  • 抽象的な測度空間に対しても指数関数を抽象的な関数に変えたものが成り立つ.しかし証明は複雑ではない.記事末尾に挙げた文献を参照.

応用[編集]

リーマン・ルベーグの補題は積分の漸近近似の有効性を証明するのに使うことができる.最急降下法英語版停留位相法英語版などの厳密な取り扱いは,リーマン・ルベーグの補題に基づいている.

証明[編集]

1次元の場合に示す.高次元の場合の証明も同様である.まず fコンパクト台を持つ滑らかな関数であるとする.すると部分積分により

f が任意の可積分関数のときは,コンパクト台を持つ滑らかな関数 g によって L1 ノルムで近似できる.|| ƒg ||L1 < ε となるように g をとる.すると

となり,これは任意の ε > 0 に対して成り立つから,定理が従う.

参考文献[編集]