リージェンツ・パーク駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リージェンツ・パーク駅
Regent's Park tube station
Regent's Park stn entrance look east.JPG
リージェンツ・パーク駅の位置(セントラル・ロンドン内)
リージェンツ・パーク駅
リージェンツ・パーク駅
セントラル・ロンドンの地図上でのリージェンツ・パーク駅の位置
所在地 リージェンツ・パーク
行政区 シティ・オブ・ウェストミンスター
運営 ロンドン地下鉄
路線 ベーカールー線
駅構造 地下駅
ホーム数 2
ゾーン 1
地下鉄年間乗降員数
2010 増加 3.71百万人[1]
2011 増加 3.78百万人[1]
2012 増減なし 3.78百万人[1]
2013 増加 3.79百万人[1]
鉄道会社
開設時の所属会社 ベーカーストリート・アンド・ウォータールー鉄道
歴史
1906年3月10日 開業
WGS84 北緯51度31分25秒 西経0度08分47秒 / 北緯51.5235度 西経0.1464度 / 51.5235; -0.1464座標: 北緯51度31分25秒 西経0度08分47秒 / 北緯51.5235度 西経0.1464度 / 51.5235; -0.1464
テンプレートを表示

リージェンツ・パーク駅(リージェンツ・パークえき、英語:Regent's Park tube station)はリージェンツ・パーク脇にあるロンドン地下鉄ベーカールー線の駅である。ベーカー・ストリート駅オックスフォード・サーカス駅の間、マリルボン・ロード沿いのパーク・クレセント英語版に位置し、トラベルカード・ゾーン1英語版に含まれる。

歴史[編集]

リージェンツ・パーク駅は1906年3月10日[2]ベーカーストリート・アンド・ウォータールー鉄道(英語:Baker Street & Waterloo Railway、BS&WR)の駅として開業した。ベーカーストリート・アンド・ウォータールー鉄道の路線認可にはリージェンツ・パークへの駅設置は含まれておらず、建設開始後の1904年に追加で認可を受けている[3]

駅構造[編集]

リージェンツ・パーク

ベーカーストリート・アンド・ウォータールー鉄道の他の駅と異なり、当駅には地上建造物がなく、地下道から直接駅に入る構造になっている。改札階とホームの間はエレベーターで結ばれ、96段の階段も併設されている。2006年7月10日から2007年6月14日まで、エレベーターなどの維持工事のため駅が閉鎖された。

駅周辺[編集]

駅周辺には駅名の由来であるリージェンツ・パークを始め、王立音楽アカデミー王立医科大学英語版ホーリー・トリニティ教会英語版ポートランド・プレイス英語版ハーレー・ストリート英語版などがある。

サークル線メトロポリタン線グレート・ポートランド・ストリート駅は当駅徒歩圏にある。

バス路線[編集]

ロンドンバスの18、27、30、88、205、453、C2及び深夜バスのN18系統が当駅を経由する。

隣の駅[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
ベイカールー線
ベーカー・ストリート駅 - リージェンツ・パーク駅 - オックスフォード・サーカス駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Multi-year station entry-and-exit figures Page white excel.png (XLS)”. London Underground station passenger usage data. ロンドン交通局 (2014年). 2015年3月31日閲覧。
  2. ^ Rose, Douglas (1999). The London Underground, A Diagrammatic History. Douglas Rose. ISBN 1-85414-219-4. 
  3. ^ Badsey-Ellis, Antony (2005). London's Lost Tube Schemes. Capital Transport. p. 232. ISBN 1-85414-293-3. 

外部リンク[編集]