リーガ・クバーナ・デ・ベイスボル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リーガ・クバーナ・デ・ベイスボル
分類 野球
開始年 1878年
参加チーム 通常4
キューバの旗 キューバ
最終年 1961年
テンプレートを表示

リーガ・クバーナ・デ・ベイスボルLiga Cubana de Béisbol , 英:Cuban Winter League)は、かつて1878年から1961年までキューバに存在していた国内プロ野球リーグである。

プロ野球リーグではメジャーリーグベースボールに次いで古くに創設され、かつ長期間持続した。冬の期間に試合が行われた事から、アメリカ合衆国ではキューバン・ウィンターリーグの名称で知られていた。アフリカ系アメリカ人選手の参加も認めた事で、アメリカ本土のニグロリーグとキューバリーグの交流も盛んになった。しかし1959年キューバ革命後はアメリカとの関係が悪化し、1961年3月にフィデル・カストロの命令により、プロ野球リーグが解散した。

概要[編集]

1878年アラクラネス・デル・アルメンダレスレオネス・デル・ハバナ、マタンサスBBCの3チームによって組織され、同年12月29日にハバナで最初の試合が行われた。当初は紳士が主催するアマチュアのスポーツクラブだった。1878年から1892年まで15年連続で王者に君臨したハバナがリーグで最も人気のあったチームだった[1]

初期のキューバ野球は10人のプレイヤーが守備に就くというユニークなルールがあった。10人目の守備者は「右の遊撃手」として一塁手二塁手の間でプレーした。

1880~1890年代にプロ化が進み、プロ化を拒んだアマチュアクラブはリーグから断絶した。当初は白人専用リーグであったが、第二次キューバ独立戦争米西戦争が根本的な変化をもたらした。1900年黒人選手の獲得が開始され、上流階級の何人かの選手は人種差別意識からこれを嫌い、アマチュアチームへ移った。1907年からはルーブ・フォスターピート・ヒルスモーキー・ジョー・ウィリアムズジョン・ヘンリー・ロイドなどのニグロリーグの一流選手が続々と冬の期間にキューバリーグでプレーをするようになった。ホセ・メンデスが所属していたアルメンダレスは唯一、しばらくの期間はアメリカから選手を獲得せずに他チームに対抗する事が出来た。

1910年代中盤にはドルフ・ルケマイク・ゴンザレスアルマンド・マーサンズのようにメジャーリーグベースボールでプレーする白人選手が出てきた。黒人選手はホセ・メンデス、クリストバル・トリエンテがニグロリーグを代表する選手となった。1920年代に入るとニグロリーグのジャッド・ウィルソンオスカー・チャールストンクール・パパ・ベルミュール・サトルスサチェル・ペイジビル・フォスターウイリー・ウェルズなどがキューバリーグに来て、キューバからもマーティン・ディーゴが出て絶頂期を迎える。何人かの研究者はキューバリーグのプレーの質はメジャーリーグに匹敵していたと推定している。

1930年代初頭に経済不況に陥った影響でキューバリーグも一時衰退するが、徐々に力を取り戻した。ニグロリーグからはジョシュ・ギブソンレイ・ダンドリッジレイ・ブラウンなどが来てプレーをした。第二次世界大戦中はキューバとアメリカの間の渡航が規制されたが、その間にキューバリーグではマヌエル・ガルシアアレハンドロ・クレスポなどの選手を輩出した。

戦後の1946-1947シーズンはハバナに近代的な球場であるエスタディオ・ラティーノアメリカーノが開場、アメリカでプレーしていた選手達が帰国してキューバリーグに参加したこともあり、このシーズンはキューバリーグが最も成功したシーズンとされている。1947年にマイナーリーグ統轄組織のプロ野球リーグ全国協会がキューバからメジャーリーグへ送る優秀なプレイヤーを探すことや若手メジャーリーガーを冬季にキューバでプレーさせることを目的に、キューバリーグと協定を結び、アメリカとの交流がより盛んになった。

1949年から始まったカリビアンシリーズには1960年までは毎年参加し、7回優勝を飾った。

1954年にはシンシナティ・レッズ傘下AAA級のマイナーリーグチームのハバナ・シュガーキングスがハバナに創設され、才能あるキューバや他のラテンアメリカ出身の選手がプレーした。この頃にミニー・ミノーソカミロ・パスカルを筆頭にメジャーで活躍する選手が多くなった。

しかし1959年に起こったキューバ革命以降はアメリカとの交流が途絶え、1961年3月にプロ野球リーグが解散した。選手の多くはアメリカや他のラテンアメリカ諸国へ亡命した。

アメリカ合衆国との交流試合[編集]

アメリカのメジャーリーグ、マイナーリーグ、ニグロリーグのチームがキューバを訪問し、キューバのオールスターチームやアマチュアチームと対戦した。アメリカのシーズンが終了後からスプリングトレーニング開始前までの期間に試合が行われた。

1891年オール・アメリカンズがキューバリーグのチームと対戦して5連勝したのが始まり。1900年にはメジャーリーグチームとして初めてブルックリン・スーパーバスがキューバを訪れた。

1908年にはホセ・メンデスがシンシナティ・レッズ相手に計25を無失点に抑える好投をする。この頃からニグロリーグの選手を獲得してリーグのレベルが強化され、メジャーリーグのチーム相手に互角の試合を繰り広げることが多くなった。1910年にはワールドシリーズでチャンピオンに輝いたフィラデルフィア・アスレチックスに対し、6勝4敗と勝ち越した。

1959年3月20日から21日まで開催されたロサンゼルス・ドジャースとシンシナティ・レッズが参加したシリーズが最終となった [2]

キューバとの交流試合に参加した主なメジャーリーグのプレイヤー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鉄矢多美子. 熱球伝説―キューバリナレスを育てた野球王国. 岩波書店. p. 24. 
  2. ^ American Series” (英語). Cubanball.com. 2013年2月10日閲覧。