リーガル・アンド・ゼネラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リーガル・アンド・ゼネラル: Legal & GeneralL&G)は、イギリスロンドンに本社を置き、生命保険を中心に資産運用年金貯蓄などを扱う金融サービス企業。イギリスに加えて、アメリカ合衆国フランスドイツインドなどで事業を展開している。持株会社リーガル・アンド・ゼネラル・グループ(Legal & General Group plc)として、ロンドン証券取引所に上場している(LSELGEN)。

L&Gは1836年6月、Sergeant John Adamsと5人の弁護士が、シティ・オブ・ロンドンのチャンスリー・レーンのコーヒーショップで始めたNew Law Life Assurance Societyに由来する[1]Legal & General Life Assurance Societyと名称を変更するが、長くシティ・オブ・ロンドンに集う法曹関係者に対象を限定してサービスを行っていた。1889年に初の支店をマンチェスターに開設、1920年代にイギリスで自動車と航空機の利用が始まったのに対応した保険商品を発売し、1930年代にアメリカのメットライフから年金運用部門を買収した[1]。1940年代に第二次世界大戦の被害を避ける目的で、本部機能を一時ロンドン南郊のKingswoodに移転していた(登記上の本店はロンドン中心部に維持)。

1970年に資産運用部門がスタート(のちに、リーガル・アンド・ゼネラル・インベストメント・マネジメント(Legal & General Investment Management、LGIMと改称)、1979年にロンドン証券取引所に上場した。1980年代にアメリカのGEICOの子会社であるGovernment Employees Life Insurance CompanyWilliam Penn Life Insurance Companyの2つの保険会社を相次いで買収し、アメリカ事業を強化した。ロゴはシティ・オブ・ロンドンの門であったTemple Barを長らく使用していたが、1984年に現在の傘のロゴに変更されている(1991年から1994年まで、ITVの天気予報のスポンサー企業であった)。2009年にインドのIndiaFirst Life Insurance Companyとのジョイント事業を開始している[2]

2015年9月、資産運用を扱うLGIMは、明治安田生命との業務提携を発表した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b History” (英語). リーガル・アンド・ゼネラル・グループ. 2016年10月12日閲覧。
  2. ^ Andhra Bank, BoB, L&G Group in insurance JV” (英語). Business Standard (2009年2月25日). 2016年10月12日閲覧。
  3. ^ 明治安田生命、英資産運用大手との提携発表 外債商品を共同開発”. 日本経済新聞 (2015年9月24日). 2016年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]