リヴノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リヴノ
Livno / Livno / Ливно
リヴノ市街
リヴノ市街
リヴノの市旗 リヴノの市章
基礎自治体 基礎自治体
位置
ボスニア・ヘルツェゴビナでのリヴノの位置の位置図
ボスニア・ヘルツェゴビナでのリヴノの位置
座標 : 北緯43度49分37秒 東経17度00分29秒 / 北緯43.82694度 東経17.00806度 / 43.82694; 17.00806
行政
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
 構成体 ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦の旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ連邦
  第十県
 基礎自治体 リヴノ
市長 Luka Čelan
HDZ BiH
地理
面積  
  基礎自治体 994 km2
標高 730 m
人口
人口 (2009年現在)
  基礎自治体 32,013 [1]
    人口密度   41人/km2
  備考 推計
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
市外局番 34
公式ウェブサイト : livno.ba

リヴノクロアチア語: Livno, ボスニア語: Livno, セルビア語: Ливно)はボスニア・ヘルツェゴビナの都市および基礎自治体で、同国を構成する構成体のうちボスニア・ヘルツェゴビナ連邦第十県に属する。また、第十県の県都である。

地勢[編集]

ボスニア・ヘルツェゴビナ西部に位置し、クロアチアと国境を接する。周辺の自治体ではトミスラヴグラードグラモチクプレスなどと接する。リヴノはリヴァニスコ平原 (Livanjsko polje) に位置し、ビストリツァ川 (Bistrica) が町を流れている他、周辺部はディナル・アルプス山系の山地に囲まれている。

歴史[編集]

リヴノの平原周辺部には紀元前2000年頃や古代ローマ期から人が住んでいたとされ、ローマ支配以前はイリュリア人の部族が住んでいたとされる。7世紀頃になると、スラヴ人がこの地域にもやって来るようになり、イリュリア人はスラヴ人の文化の中に取り込まれ、言語や習慣は消えてしまった。続く3世紀の期間、カトリック信仰が受け入れられていった。リヴノ成立の記念日は892年9月28日とされ、これはクロアチア人君主ムティミル (Mutimir) が当時発行した文書による。 10世紀、リヴノは中世クロアチア王国、フレビアナ(Hlebiana / ή Χλεβίανα)州の中心部であったことが言及されている。1326年から1463年までは、ボスニア王国の一部であった。ボスニア王国のある貴族がリヴノ、ドゥヴノ (Duvno)、クプレス (Kupres) を買いトロポリェ (Tropolje) と呼んでいた。14世紀初めにオスマン帝国に侵略されるとボスニアはその後、400年間その支配下にあった。19世紀終盤の1878年、リヴノはベルリン会議の方策により、オーストリア=ハンガリー帝国の支配下に入る。

1918年にはスロベニア人・クロアチア人・セルビア人国の一部となり、1929年ユーゴスラビア王国となり9つの自治州 (banovine) に分けられる。リヴノはスプリトを主都とするプリモルスカ州 (Littoral Banovina) に含まれ政治的な地域分けではクロアチアに近かった。1939年に自治州の区域は見直され、クロアチア自治州 (Banovina Hrvatska) にリヴノは含まれた。1941年から1945年まではナチスの傀儡政権であるクロアチア独立国の領域下にあり、ウスタシャ勢力はこの間リヴノ周辺の多くのセルビア人市民を虐殺している。パルチザン運動も盛んに行われ、ウスタシャへの報復として多くのクロアチア人市民も殺された。第二次世界大戦後は、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国ボスニア・ヘルツェゴビナ社会主義共和国の後、連邦の崩壊や紛争を経て現在に至っている。

地区[編集]

  • Bila
  • Bilo Polje
  • Bogdaše
  • Bojmunte
  • Čaić
  • Čaprazlije
  • Čelebić
  • Čuklić
  • Ćosanlije
  • Dobro
  • Donji Rujani
  • Drinova Međa
  • Držanlije
  • Golinjevo
  • Gornji Rujani
  • Grborezi
  • Grgurići
  • Gubin
  • Komorani
  • Kovačić
  • Lipa
  • Lištani
  • Livno
  • Lopatice
  • Lusnić
  • Ljubunčić
  • Mali Guber
  • Mali Kablići
  • Miši
  • Odžak
  • Orguz
  • Podgradina
  • Podgreda
  • Podhum
  • Potkraj
  • Potočani
  • Potok
  • Priluka
  • Prisap
  • Prolog
  • Provo
  • Radanovci
  • Rapovine
  • Sajković
  • Smričani
  • Srđevići
  • Strupnić
  • Suhača
  • Tribić
  • Veliki Guber
  • Veliki Kablići
  • Vidoši
  • Vrbica
  • Vržerala
  • Zabrišće
  • Zagoričani
  • Zastinje
  • Žabljak i Žirović.


人口動態[編集]

民族 1971年 1991年
クロアチア人 31,657人 75.16% 29,324人 72.22%
ボシュニャク人 5,087人 12.07% 5,793人 14.26%
セルビア人 4,791人 11.37% 3,913人 9.63%
ユーゴスラビア人 434人 1.03% 1,125人 2.77%
その他 149人 0.37% 445人 1.09%
合計 42,118人[2] 40,600人[2]

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Saopćenje Federalnog saveza za statistiku 9.septembar 2009. godine Archived 2014年4月1日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b Official results from the book: Ethnic composition of Bosnia-Herzegovina population, by municipalities and settlements, 1991. census, Zavod za statistiku Bosne i Hercegovine - Bilten no.234, Sarajevo 1991.

外部リンク[編集]