リヴォニア騎士団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヴォニア騎士団で使われたドイツ騎士修道士の紋章

リヴォニア騎士団は、ドイツ騎士団リヴォニア地域にあった自治的な分団で、1435年から1561年までリヴォニア連盟に参加していた。シャウレンの戦いサモギティア人に敗北した後、リヴォニア帯剣騎士団の残党はドイツ騎士団に吸収され、1237年にリヴォニア騎士団として分団を組織した。


概要[編集]

リヴォニア騎士団の全身鎧

1237年から1290年までに、リヴォニア騎士団はクールラントリヴォニアセミガリアの全域を征服したが、ロシア北辺への侵入の際はラコボルの戦い(1268年)で撃退された。1346年、騎士団はデンマーク王ヴァルデマー4世からエストニア公国を買い取った。騎士団領内での人々の暮らしはバルタザール・ルソヴの『リヴォニア地方年代記(Chronica der Provinz Lyfflandt)』から窺い知ることが出来る。

1435年9月1日、リヴォニア騎士団はスヴィエンタの戦いに敗れ、団長および高位の騎士数名といった指導層を失ったが、このことは騎士団をリヴォニアの先住者たちへと近づけることになった。1435年12月4日にヴァルカで結ばれたリヴォニア連盟は、リヴォニア大司教、クールラント司教、ドルパト、エーゼル=ヴィーク、レヴァルの3都市によって調印された。彼らはリヴォニア騎士団とその封臣たちの代表、リーガ、ドルパトおよびレヴァルの市参事会の代理人達である。

1410年のグルンヴァルトの戦いで大敗を喫して以後、ドイツ騎士団は衰退の一途をたどり、1525年にはアルブレヒト・フォン・ブランデンブルクによってプロイセン地域が世俗化することになったが、リヴォニア地域の分団は独立状態を維持していた。1560年、リヴォニア戦争において騎士団はエルゲメの戦いモスクワ・ロシアの軍勢に決定的な惨敗を喫した。窮地に陥ったリヴォニア騎士団は、1557年に起きたリガ大司教ヴィルヘルムと騎士団との争いに介入したポーランド王リトアニア大公ジグムント2世アウグストに、庇護を求た。

1561年、ジグムント2世アウグストの代理人であるミコワイ・ラジヴィウ・チャルヌィ黒髪のミコワイ・ラジヴィウ)との間に結ばれたヴィリニュス協定により、最後のリヴォニア騎士団長ゴットハルト・ケトラーは騎士団を世俗化してルター派プロテスタントに改宗した。騎士団領の南部はケトラーとその家族が統治するクールラント・ゼムガレン公国となったが、騎士団領の残部の大半はリトアニア大公国に接収された。エストニアの北部地域は、同時期の北方七年戦争によってデンマークとスウェーデン領有されることとなった。

歴代団長[編集]

リヴォニア騎士団長の印璽

リヴォニアの騎士団長はドイツ騎士団総長と同様、部下の騎士たちによって選ばれ、終身でその任にあった。団長は騎士団員に対して監督権を有し、その指示は命令と同一視された。ドイツ騎士団の総長達はリヴォニア地域の自治権を制限するようなことは無く、リヴォニアへの訪問もめったにないうえ、監督のための使節を送り込むこともなかった。