リヴィナッロンゴ・デル・コル・ディ・ラーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヴィナッロンゴ・デル・コル・ディ・ラーナ
Livinallongo del Col di Lana
リヴィナッロンゴ・デル・コル・ディ・ラーナの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Veneto.svg ヴェネト
Blank.png ベッルーノ
CAP(郵便番号) 32020
市外局番 0436
ISTATコード 025030
識別コード E622
分離集落 Arabba
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
人口
人口 1,417 人
人口密度 14 人/km2
文化
住民の呼称 fodom
守護聖人 聖アンドレア
祝祭日 11月30日
地理
座標 北緯46度29分0秒 東経11度57分0秒 / 北緯46.48333度 東経11.95000度 / 46.48333; 11.95000座標: 北緯46度29分0秒 東経11度57分0秒 / 北緯46.48333度 東経11.95000度 / 46.48333; 11.95000
標高 1.645 m
面積 99 km2
リヴィナッロンゴ・デル・コル・ディ・ラーナの位置(イタリア内)
リヴィナッロンゴ・デル・コル・ディ・ラーナ
リヴィナッロンゴ・デル・コル・ディ・ラーナの位置
ベッルーノ県におけるコムーネの領域
ベッルーノ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

リヴィナッロンゴ・デル・コル・ディ・ラーナイタリア語: Livinallongo del Col di Lana ; ラディン語: Fodom)は、イタリア共和国ヴェネト州ベッルーノ県にある、人口約1400人の基礎自治体コムーネ)。

少数言語であるラディン語が話される「ラディニア」の一角にあたる。第一次世界大戦まではティロル地方の一部に含まれていた。町域に含まれる分離集落アラッバは、ドロミーティの代表的なウィンターリゾート地の一つである。

名称[編集]

イタリア語およびラディン語以外の言語では、以下のように呼ばれる。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

集落[編集]

村の行政の中心地は、ピエーヴェ・ディ・リヴィナッロンゴ(Pieve di Livinallongo)の集落に置かれている。アラッバArabba)は、ウィンターリゾート地として知られており、ドロミーティ・スペルスキ地域 (it:Dolomiti Superskiの一部である。

アラッバの分離集落
アラッバ

歴史[編集]

第一次世界大戦終了まではオーストリア・ハンガリー帝国の一部であり、ティロル伯領に含まれていた。

第一次世界大戦では、イタリア戦線の激戦地となった。コル・ディ・ラーナ (it:Col di Lanaの頂上をめぐっては凄惨な戦闘が繰り広げられた。リヴィナッロンゴとアラッバの間には、2つの要塞(Forte CorteForte Ruaz)がある。

第一次世界大戦後、イタリア王国に編入された。1923年ベッルーノ県所属となった。

分離集落[編集]

アラッバ (Arabba)
スキーで有名 (ラディン語: Reba)
ピエーヴェ・ディ・リヴィナッロンゴ (Pieve di Livinallongo)
市庁所在地 (ラディン語: La Plie' da Fodom)

このコムーネは領域の周りにある17の分離集落に分割された。

文化[編集]

言語[編集]

レト・ロマンス語群に属する少数言語ラディン語の話者が多数を占め、「ラディニア英語版」と呼ばれる地域を構成する18コムーネのひとつである。

ラディニア

脚注[編集]

外部リンク[編集]