リヴァロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リヴァロ
Livarot
Petit-livarot.jpg
分類 ウォッシュタイプ[1][2]
原料 牛乳
原産国 フランス
原産地 ノルマンディー地方、カルヴァドス県オルヌ県の一部[3]
生産場所 酪農場、酪農工場
生産期間 一年中(旬は11月から5月[3]
形状 円盤状
大きさ 本文参照(『サイズと重量』節)
重量 本文参照(『サイズと重量』節)
乾燥成分 本文参照(『サイズと重量』節)
脂肪分 40%以上
表皮 アナトーにより着色され、湿り気を帯びる。5本の帯が側面に巻いてある。
熟成 3週間以上。通常2ヶ月未満[4]
呼称統制 AOC (1975年[3][5]
テンプレートを表示

リヴァロフランス語: Livarot)は、フランスノルマンディー地方、カルヴァドス県オルヌ県の一部で生産される[3]牛乳を原料としたウォッシュタイプのチーズ[2]。名称は同名のコミューンの名前、リヴァロ (fr:Livarot) に由来する[3]

一般に臭いが強いとされるウォッシュチーズ[6]の中では食べやすい部類ではあるがやはり刺激臭を発する[7]

食べごろは熟成のピークを迎える 5 - 6週間もの[7]。弾力のある食感と側面の帯が特徴で[7]、帯は型崩れを防ぐために[3] 5本側面に巻いてあり、この本数が陸軍大佐の階級章と同等なために「大佐 (colonel) 」の愛称でも呼ばれる[2][3]。帯の材質はイグサ[2]ヤナギまたは[3]である。この帯の役割は現代においてはもはや当初の目的よりも見た目の特徴づけという目的に変化している[7]

歴史[編集]

いつごろ生産が開始されたかは定かではないが、発祥は恐らく中世の後期であろうと漠然と考えられており[8]、少なくとも17世紀末にはパリでも食されていた[3]。1708年の辞書にも収録された[4]。評価されるのは19世紀で、ノルマンディー産チーズの中では「随一」と評されるようになったが[3]、後に知名度でカマンベールチーズに劣るようになった[4]

当初は農家で細々と作っていたが、業者が参入し鉄道網による広域流通とあわせフランス各地へ出荷されることになった[8]。1877年には200の業者と450万個の生産量を数え[8]、1880年代には2,200トンの年間生産量であった[9]。20世紀に入ると農家は牛乳の提供のみを行うようになり、チーズの生産自体は業者の手に完全に移行した[8]

1975年にはAOCの認定を受けた[3][5]

2011年現在の年間生産量は約 1,300トンで、製造は5つの生産組合で行われるようになっている(前出のカマンベールは約 11,000トン)[9]

サイズと重量[編集]

文献 (日仏料理協会 2007, p. 710) による分類と名称、サイズを下表にまとめる。高さは 4 - 5センチメートルで共通している。重量は乾燥成分(水分を除いた残りの成分量)を文献 (本間, 増井 & 山田 2009, p. 99) より示す。ちなみに総量としての重量はグラン・リヴァロで約450グラム (日仏料理協会 2007, p. 710)。

名称 直径 高さ 乾燥成分 備考
グラン・リヴァロ
grand livarot
20cm 4 - 5cm 230g以上 グランは「大」の意
トロワ=カール・リヴァロ
trois-quarts livarot
10.6cm 同上 135g以上 トロワ=カールは「3/4」の意
プティ・リヴァロ
petit livarot
9cm 同上 120g以上 プティは「小」の意
カール・リヴァロ
quarts livarot
7cm 同上 60g以上 カールは「1/4」の意

※ 表中の cm はセンチメートル、g はグラムを表す。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 以下「基本情報」欄は、特記の無い限り下記文献 (本間, 増井 & 山田 2009, pp. 98-99) による。
  2. ^ a b c d 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、文藝春秋編 『チーズ図鑑』 182巻(7版) 株式会社文藝春秋〈文春新書〉、2009年、98-99頁。ISBN 4-16-660182-2 
  3. ^ a b c d e f g h i j k 日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社、2007年、710頁。ISBN 978-4-560-09202-6 
  4. ^ a b c リヴァロ A.O.P.”. プレジデント. 2014年12月29日閲覧。
  5. ^ a b Livarot”. fromages AOP. 2014年12月29日閲覧。
  6. ^ 本間るみ子、主婦の友社編 『チーズの選び方 楽しみ方』 株式会社主婦の友社、2012年、43頁。ISBN 978-4-07-285215-6 
  7. ^ a b c d 前掲 (本間 2012, p. 55)。
  8. ^ a b c d Historique du Livarot”. Fromages AOP de Basse-Normandie(fromage-normandie.com). 2014年12月29日閲覧。
  9. ^ a b ノルマンディ”. 雪印メグミルク. 2014年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、リヴァロに関するカテゴリがあります。