リンジー王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リンジー王国

リンジー王国(The Kingdom of Lindsey)は、七王国時代に存在したアングロ・サクソン人による小国である。

地理[編集]

リンジー王国は、ハンバー川河口からザ・ウォッシュの入江までの、現在のリンカシャーにあたる地域を領土としていた。かつてローマ人が建設した殖民都市であるリンダム・コロニア(リンカン)を首都としていたと推測されている[1][2]

リンジーという国名は「リンカンの島」という意味である。リンカンの町の周辺地域が川や湿地帯に囲まれていたことが由来であるとされる。

7世紀初頭のイングランド

歴史[編集]

リンジー王国の最盛期を資料で確認することはできない。最古の記録ではリンジー王国は隣国であるノーサンブリアマーシアからの外圧を受け、属国に近い状態にあったとされている。9世紀のデーン人による支配(デーンロウ)の時代には、リンジー王国はすでに併合されリンカンシャーの一地方となっている。

参考文献[編集]

  1. ^ Bede, Ecclesiastical History II.16.
  2. ^ H. R. Loyn, Anglo-Saxon England and the Norman Conquest, 2nd ed. 1991:11f, notes that praefectus is the most usual translation of gerefa, "reeve" by Anglo-Saxons writing in Latin.

参考文献[編集]

  • Leahy, Kevin (2008). The Anglo-Saxon Kingdom of Lindsey: The Archaeology of an Anglo-Saxon Kingdom. History Press. ISBN 978-0752441115