リンゴンベリー・ジャム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リンゴンベリー・ジャムとトースト
スウェーデン産ブラッドソーセージにかけられたリンゴンベリー・ジャム

リンゴンベリー・ジャムLingonberry jam, スウェーデン語: lingonsylt, ノルウェー語: tyttebærsyltetøy, エストニア語: pohlamoos, フィンランド語: puolukkahillo)とは、コケモモ(リンゴンベリー)から作られるスカンジナビア料理の定番食品である。

コケモモは北ヨーロッパ内陸の森林地帯に豊富に自生し、簡単にジャムに加工でき、保存が容易であり、ビタミンCの含有量も多いためにクロップカーカピーテパルトポテトケーキロールキャベツスウェーデン語: kåldolmar)、ブラッドソーセージといった伝統料理のつけ合わせとしては非常に一般的なものであった。現在ではジャムとして例えばオーブンで焼いた薄いパンケーキに添えたり、ミートボール、ビーフ・シチューもつ料理といった肉料理、地域によっては揚げたニシンの薬味として添えられている。マッシュポテトや伝統的なオートミールには、時折シナモンや少量の砂糖シロップと共にリンゴンベリー・ジャムが供されることもある。

高品質のリンゴンベリー・ジャムはベリーと砂糖のみに適宜少量の水を加えて作られる。廉価品にはリンゴまたはペクチン、あるいはその両方を添加したものがある。ベリーに含まれる天然の安息香酸[1]の働きにより、人工の防腐剤を必要としない。最高品質のリンゴンベリー・「ジャム」は加熱せずに生のまま単にベリーと砂糖を混ぜて作る。このように作られたものは「スウェーデン語: rårörda lingon」とか「ノルウェー語: rørte tyttebær」(生混ぜリンゴンベリー)と呼ばれる。

イケアの店舗で大容量容器入りのリンゴンベリー・ジャムが販売されているため、北アメリカでも一般的な食品となってきている[2]

コケモモ(学名:Vaccinium vitis-idaea)は北アメリカのアラスカ州からラブラドール地方にかけてはロウブッシュ・クランベリー('lowbush' cranberry)やパートリッジ・ベリー(partridge berry)という名称で知られ、クランベリーと同じスノキ属の植物である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Arktisetaromit.fi(2011年7月20日時点のアーカイブ
  2. ^ US IKEA product - Lingonberry jam(2010年5月3日時点のアーカイブ