リリア・ショブホワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リリア・ショブホワ Portal:陸上競技
Liliya Shobukhova, London Marathon 2011 (cropped).jpg
2011年ロンドンマラソンにて
選手情報
フルネーム リリア・ショブホワ
国籍 ロシアの旗 ロシア
種目 長距離走
生年月日 (1977-11-13) 1977年11月13日(42歳)
生誕地 ロシアバシコルトスタン共和国ベロレツク英語版
身長 163cm
体重 52kg
自己ベスト
800m 2分03秒18(2006年)
1500m 4分03秒78(2004年)
3000m 8分34秒85(2004年)
5000m 14分23秒75(2008年)ヨーロッパ記録
10000m 30分29秒36(2009年)
ハーフマラソン 1時間09分25秒(2011年)
マラソン 2時間18分20秒(2011年)
ウルトラマラソン 2時間18分20秒(2011年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

リリア・ショブホワロシア語: Ли́лия Була́товна Шо́бухова 、Lilija Bulatovna Shobukhova、旧姓シャグバロワ ロシア語: Шагбалова, Shagbalova、1977年11月13日 - )は、ロシア陸上競技選手、専門は長距離走マラソン2004年アテネオリンピックおよび2008年北京オリンピック女子5000m、2012年ロンドンオリンピック女子マラソンロシア代表。シカゴマラソンで2009年から3年連続優勝を飾る。2005年、2006年ロシア室内選手権女子3000m優勝者。またロシア選手権女子5000mを2度優勝した。

選手経歴[編集]

2004年アテネオリンピック5000mに出場し、15分15秒64の記録で13位となった。2006年世界室内陸上競技選手権3000mではメセレト・デファーに次ぐ2位、ヨーロッパ陸上競技選手権5000mでも2位の成績を残した。

2008年7月19日カザンで開催されたロシア選手権では、14分23秒75を記録し女子5000mヨーロッパ記録を更新。世界歴代3位(当時)を記録した[1][2]北京オリンピック5000m決勝では15分46秒62の記録を残し6位に入った[3]

初マラソンは、2009年4月のロンドンマラソンで、2時間24分22秒でイリーナ・ミキテンコに次ぐ2位、そして2009年10月シカゴマラソンに出場し、2回目のフルマラソンでミキテンコ以下を抑え2時間25分56秒の記録で初優勝した[4]

2010年4月ロンドンマラソンに出場し、インガ・アビトワ以下を抑え2時間22分00秒の記録で優勝した[5][6]。激しい競り合いとなったこのシカゴマラソンとロンドンマラソンの2勝は、いずれも40km~ゴールまでを6分台という、持ち味のトラックのスピードを生かした男子並みの圧倒的なスパートで優勝している。(40 km~ゴールまでのタイムの日本人最速は2009年大阪国際女子マラソンでの渋井陽子の7分2秒)

2011年に出場したシカゴマラソンでは、初めてのサブ20となる2時間18分20秒の世界歴代2位となる記録で圧勝し、大会3連覇を果たす[7](この大会では、福士加代子が2時間24分38秒で3位に入っている)。

シカゴマラソンやロンドンマラソンでの数々の優勝により、2009-2010シーズンと2010-2011シーズンでのワールドマラソンメジャーズ2連覇を果たして、現役世界最強選手と認識されるようになった。

2012年ロンドンオリンピックには女子マラソンで出場したが、22km過ぎで途中棄権に終わっている。

2014年4月29日、ロシア陸上競技連盟から2年間の出場停止処分を受けた。生体パスポートによる検査で血液ドーピングが強く疑われたためである[8]

主な戦績[編集]

年度 大会名 開催地 順位 タイム 種目
2002 ヨーロッパ室内選手権 オーストリアの旗 ウィーン 5位 3000m
2004 オリンピック ギリシャの旗 アテネ 13位 5000m
2005 ヨーロッパ室内選手権 スペインの旗 マドリード 5位 3000m
2005 世界選手権 フィンランドの旗 ヘルシンキ 9位 5000m
2005 IAAFワールドアスレチックファイナル モナコの旗 モンテカルロ 10位 3000m
2006 世界室内選手権 ロシアの旗 モスクワ 2位 3000m
2006 ヨーロッパ選手権 スウェーデンの旗 イェーテボリ 2位 5000m
2008 オリンピック 中華人民共和国の旗 北京 6位 5000m
2009 ロンドンマラソン イギリスの旗 ロンドン 2位 2時間24分24秒 マラソン
2009 シカゴマラソン アメリカ合衆国の旗 シカゴ 優勝 2時間25分56秒 マラソン
2010 ロンドンマラソン イギリスの旗 ロンドン 優勝 2時間22分00秒 マラソン
2010 シカゴマラソン アメリカ合衆国の旗 シカゴ 優勝 2時間20分25秒 マラソン
2011 ロンドンマラソン イギリスの旗 ロンドン 2位 2時間20分15秒 マラソン
2011 シカゴマラソン アメリカ合衆国の旗 シカゴ 優勝 2時間18分20秒 マラソン
2012 ロンドンオリンピック イギリスの旗 ロンドン DNF (記録なし) マラソン
2012 シカゴマラソン アメリカ合衆国の旗 シカゴ 4位 2時間22分59秒 マラソン

記録[編集]

  • 800m - 2分03秒18(2006年)
  • 1500m - 4分03秒78(2004年)
  • 3000m - 8分34秒85(2004年)
  • 5000m - 14分23秒75(2008年)
  • マラソン - 2時間18分20秒(2011年)

脚注[編集]

  1. ^ European Athletics - New European 5,000m record for Liliya Shobukhova (RUS)[リンク切れ] (08-07-20).2010年4月26日閲覧。
  2. ^ European 5000m record in Kazan - Russian Championships day 3 IAAF(08-07-20).2010年4月26日閲覧。
  3. ^ Russia announce team for Beijing Archived 2008年7月25日, at the Wayback Machine. Athletics Weekly(08-07-20).2010年4月26日閲覧。
  4. ^ Chicago Breaking News, October 9, 2009: Kenyan man, Russian woman win Chicago Marathon titles 2010年4月26日閲覧。
  5. ^ News Provider, April 25, 2010: Liliya Shobukhova wins the London Marathon 2010 womens race 2010年4月26日閲覧。
  6. ^ ロンドン・マラソン:赤羽は6位、ショブホワ初優勝…女子 毎日jp(10-04-25).2010年4月26日閲覧。
  7. ^ 福士2度目のマラソン挑戦、後半粘って3位 スポーツニッポン 2011年10月10日閲覧。
  8. ^ 女子マラソンのショブホワ、血液ドーピングで2年間の出場停止”. AFPBB News (2014年4月30日). 2014年4月30日閲覧。

参考資料・外部リンク[編集]