リリアン・J・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リリアン・J・ブラウン
誕生 リリアン・ジャクソン・ブラウン
Lilian Jackson Braun
1913年6月20日
アメリカ合衆国の旗 マサチューセッツ州チコピー
死没 (2011-06-04) 2011年6月4日(97歳没)
アメリカ合衆国の旗 サウスカロライナ州ランドラム
職業 記者、編集者、作家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1962年 - 2007年
ジャンル 推理小説
代表作 シャム猫ココシリーズ
配偶者 アール・ベッティンガー(夫)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

リリアン・J・ブラウンLilian Jackson Braun Bettinger[1]1913年6月20日[2] - 2011年6月4日[2])は、アメリカ合衆国推理作家。代表作は、2匹のシャム猫「ココとヤムヤム」と記者のジェイムズ・クィラランらが主人公の「シャム猫ココシリーズ」。

経歴[編集]

10代の頃からミシガン州デトロイトの新聞『デトロイト・ニュース英語版』にスポーツの詩や、デトロイトのデパートの広告記事などを書いていた。その後は同じくデトロイトの新聞社である《デトロイト・フリー・プレス英語版》に記者として1979年に退職するまで約30年勤めた。

1962年、飼い猫のシャム猫がマンションの10階から突き落とされて殺された怒りと悲しみを忘れるために、記者業の傍ら執筆した短編「マダム・フロイの罪」(原題:The Sin of Madame Phloi)が『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』6月号に掲載され作家としてデビューした。この作品は「The Best Ditective Stories of 1963」に選出され、エラリー・クイーンに「もっと猫の話を書くよう」勧められたことから、ココ・シリーズ執筆の契機となった。

1966年から1968年にかけて、『猫は手がかりを読む』(原題:The Cat Who Could Read Backwords)、『猫はソファをかじる』(原題:The Cat Who Ate Danish Modern)、『猫はスイッチを入れる』(原題:The Cat Who Turned On and Off)の3作を出版したが、当時、猫は不人気のペットであったため第4作『猫は殺しをかぎつける』(原題:The Cat Who Saw Red)は出版社の事情でお蔵入りとなり、その間に夫の死など生活に追われている内に、シリーズのことは忘れてしまったという。

その後、『猫は殺しをかぎつける』の原稿を読んだ再婚相手で俳優のアール・ベッティンガー (Earl Bettinger) の薦めで原稿をバークリー・ブックス(ペンギン・グループの傘下)に送り、1986年に約18年ぶりに作家として復帰し(当時73歳)、前3作も同社から再版され、ベストセラー作家の仲間入りを果たした。同作はアメリカ探偵作家クラブ賞の最優秀ペーパーバック賞にノミネートされた。その後も精力的に執筆を続け、生涯に長編29冊、短編集1冊、番外編2冊を発表した。

ココシリーズは、2007年1月に第29作『猫はひげを自慢する』(原題:The Cat Who Had 60 Whiskers)が出版された後、第30作として『The Cat Who Smelled Smoke』のタイトルが発表されていたが、刊行には至らなかった。晩年はノースカロライナ州トライオンに夫と2匹の猫と共に暮らし、2011年6月4日サウスカロライナ州ランドラムのホスピスで死去した。尚、ブラウンはプライベートに関しては秘匿する方針を貫いていたため、正確な生年月日は編集者も知らず、彼女の死去と共に明かされた。生前のインタビューでは「精神年齢は35、肉体年齢は50、実年齢はお答えしないことにしています」と語っていた。

また、彼女は「テクノフォビア」という最新技術に対して恐怖症ともいうべき症状を有していたようで、執筆にはタイプライターを使い続けていた。

作品リスト[編集]

シャム猫ココシリーズ[編集]

シリーズの詳細についてはシャム猫ココシリーズ参照。 日本語の翻訳版は羽田詩津子の訳でハヤカワ・ミステリ文庫から刊行されている。

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
日本の旗 ISBN
1 猫は手がかりを読む The Cat Who Could Read Backwards 1966年 1988年11月 ISBN 4-15-077202-9
2 猫はソファをかじる The Cat Who Ate Danish Modern 1967年 1989年8月 ISBN 4-15-077203-7
3 猫はスイッチを入れる The Cat Who Turned On and Off 1968年 1990年4月 ISBN 4-15-077204-5
4 猫は殺しをかぎつける The Cat Who Saw Red 1986年 1988年5月 ISBN 4-15-077201-0
5 猫はブラームスを演奏する The Cat Who Played Brahms 1987年 2001年6月 ISBN 4-15-077220-7
6 猫は郵便配達をする The Cat Who Played Post Office 1987年 2002年1月 ISBN 4-15-077221-5
7 猫はシェイクスピアを知っている The Cat Who Knew Shakespeare 1988年 1991年1月 ISBN 4-15-077206-1
8 猫は糊をなめる The Cat Who Sniffed Glue 1988年 1991年9月 ISBN 4-15-077207-X
9 猫は床下にもぐる The Cat Who Went Underground 1989年 1993年9月 ISBN 4-15-077208-8
10 猫は幽霊と話す The Cat Who Talked to Ghosts 1990年 1994年4月 ISBN 4-15-077209-6
11 猫はペントハウスに住む The Cat Who Lived High 1990年 1994年12月 ISBN 4-15-077210-X
12 猫は鳥を見つめる The Cat Who Knew a Cardinal 1991年 1995年4月 ISBN 4-15-077211-8
13 猫は山をも動かす The Cat Who Moved a Mountain 1992年 1995年11月 ISBN 4-15-077212-6
14 猫は留守番をする The Cat Who Wasn't There 1992年 1996年8月 ISBN 4-15-077213-4
15 猫はクロゼットに隠れる The Cat Who Went into the Closet 1993年 1997年9月 ISBN 4-15-077214-2
16 猫は島へ渡る The Cat Who Came to Breakfast 1994年 1997年12月 ISBN 4-15-077215-0
17 猫は汽笛を鳴らす The Cat Who Blew the Whistle 1994年 1998年8月 ISBN 4-15-077216-9
18 猫はチーズをねだる The Cat Who Said Cheese 1996年 1999年5月 ISBN 4-15-077217-7
19 猫は泥棒を追いかける The Cat Who Tailed a Thief 1997年 1999年12月 ISBN 4-15-077217-7
20 猫は鳥と歌う The Cat Who Sang for Birds 1998年 2000年6月 ISBN 4-15-077219-3
21 猫は流れ星を見る The Cat Who Saw Stars 1999年 2002年6月 ISBN 4-15-077222-3
22 猫はコインを貯める The Cat Who Robbed a Bank 2000年 2002年12月 ISBN 4-15-077223-1
23 猫は火事場にかけつける The Cat Who Smelled a Rat 2001年 2003年6月 ISBN 4-15-077224-X
24 猫は川辺で首をかしげる The Cat Who Went Up the Creek 2002年 2004年2月 ISBN 4-15-077225-8
25 猫は銀幕にデビューする The Cat Who Brought Down the House 2003年 2005年2月 ISBN 4-15-077226-6
26 猫は七面鳥とおしゃべりする The Cat Who Talked Turkey 2004年 2006年1月 ISBN 4-15-077228-2
27 猫はバナナの皮をむく The Cat Who Went Bananas 2005年 2006年6月 ISBN 4-15-077229-0
28 猫は爆弾を落とす The Cat Who Dropped a Bombshell 2006年 2006年12月 ISBN 4-15-077230-4
29 猫はひげを自慢する The Cat Who Had 60 Whiskers 2007年 2007年6月 ISBN 978-4-15-077231-4

その他[編集]

  • 猫は14の謎を持つ The Cat Who Had 14 Tales(1988年) - 猫が登場するがココ・シリーズではない
  • Qwilleran's Short and Tall Tales【短編集・未訳】(2002年) - ココ・シリーズの主人公クィラランが作中で企画した作品
  • 猫は日記をつける The Private Life of the Cat Who... Tales of Koko and Yumyum from the Journal of James Mackintosh Qwilleran(2003年) - クィラランが書いた日記という設定で書かれた作品

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  • 「ココ・シリーズは永遠に」 羽田詩津子 『ハヤカワ・ミステリ・マガジン』(早川書房)2011年10月号 p.117 - p.121

外部リンク[編集]