リリアン・フックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リリアン・フックス(Lillian Fuchs[1], 1902年[2]11月18日[3] - 1995年10月5日[4])は、アメリカヴィオラ奏者作曲家[5]ヴァイオリン奏者ジョセフ・フックスは実兄。

ニューヨークの音楽一家に生まれ、幼少期はピアノを学んだが、父親の指導でヴァイオリンに転向した。音楽芸術研究所でルイ・スヴェチェンスキとフランツ・クナイゼルにヴァイオリン、パーシー・ゲチウスに作曲を師事し、1924年に優秀な成績で卒業した。1926年にヴァイオリン奏者としてデビューしたが、すぐにペロール弦楽四重奏団にヴィオラ奏者として参加して1940年代半ばまで在籍し、ヴィオラ奏者として活動するようになった。1947年にはボフスラフ・マルティヌーから《マドリガル》を献呈されている。1953年にはプラドのカザルス音楽祭にヴィオラ独奏者として参加した。

1962年にマンハッタン音楽学校の講師を務めたのを皮切りに、1964年からアスペン音楽夏期音楽学校で教える等、教育活動も活発に行うようになり、1971年には母校のジュリアード音楽院の教授となった。

ニュージャージー州エングルウッドのアクターズ・ファンドの介護施設にて没。

脚注[編集]

  1. ^ 1932年にアマチュアのヴィオラ奏者のルートヴィヒ・スタインと結婚してからリリアン・フックス・スタイン(Lillian Fuchs Stein)を本名とした。
  2. ^ 1903年生まれとする説もある。[1]
  3. ^ [2]
  4. ^ nytimes.com
  5. ^ [3]