リュード語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リュード語
Lyydi
話される国 ロシアの旗 ロシア
地域 カレリア共和国の旗 カレリア共和国
話者数 3000人(2012年)[1]
言語系統
表記体系 ラテン文字 (カレリア・アルファベット英語版)
少数言語としての承認 カレリア共和国の旗カレリア共和国[2]
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 lud
消滅危険度評価
Severely endangered (UNESCO)
Status-unesco-severely.svg
テンプレートを表示

リュード語(Lyydi)はウラル語族バルト・フィン諸語に属する言語である。リューディともいう。カレリア語方言と考えられることもあるが、オロネツ語ベプス語の中間に位置する[1]独立した言語とも考えられている[3]オネガ湖畔の北西部付近のロシア連邦カレリア共和国の数人の子どもを含む3000人により話されている。

方言[編集]

リュード語は大きく3つの方言に分類される[3]。 北部方言はカレリア語の影響が強く、森林方言はベプス語の特徴の大半を共有している。

北部方言(湖畔方言)[編集]

オネガ湖畔の北西部の方言。

中央方言(河畔方言)[編集]

ペトロザボーツク付近とシュヤ川沿いの居住地の方言。

森林方言[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]