リュドミラ・ウリツカヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リュドミラ・ウリツカヤ
Людмила Улицкая
Lyudmila Ulitskaya 4.jpg
誕生 (1943-02-21) 1943年2月21日(79歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ダブレカノボ
職業 小説家
国籍 ロシアの旗 ロシア
主な受賞歴 メディシス賞外国小説部門(1996)
ロシア・ブッカー賞(2001)
オーストリア国家賞(2014)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

リュドミラ・エヴゲーニエヴナ・ウリツカヤ: Людми́ла Евге́ньевна Ули́цкая, 1943年2月21日 - )は、ロシア小説家

経歴[編集]

バシコルトスタン共和国ダブレカノボに生まれる。モスクワ大学遺伝学専攻)卒業後、1967年から研究員としてモスクワ学術院に所属。1983年児童文学作品でデビュー、1993年刊行の小説『ソーネチカ』から、散文作家として認められていく。フランスイタリアで賞を受けるなど、ヨーロッパでの評判が先行し、母国ロシアで認められるのは遅れた。日本語を含め17言語に翻訳されている[1]モスクワ在住。

日本語訳作品[編集]

  • 『ソーネチカ』(沼野恭子訳、新潮社新潮クレスト・ブックス) 2002
  • 『それぞれの少女時代』(沼野恭子訳、群像社、群像社ライブラリー) 2006
  • 『通訳ダニエル・シュタイン』上・下(前田和泉訳、新潮社、新潮クレスト・ブックス) 2009
  • 『女が嘘をつくとき 』(沼野恭子訳、新潮社、新潮クレスト・ブックス) 2012
  • 『クコツキイの症例』上・下(日下部陽介訳、群像社) 2013
  • 『子供時代』(沼野恭子訳、新潮社、新潮クレスト・ブックス) 2015 
  • 『陽気なお葬式』(奈倉有里訳、新潮社、新潮クレスト・ブックス) 2016
  • 『緑の天幕』(前田和泉訳、新潮社、新潮クレスト・ブックス) 2021

主な受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ WorldCat
  2. ^ Ludmila Oulitskaïa - Prix Simone de Beauvoir pour la liberté des femmes” (フランス語). www.prixsimonedebeauvoir.com. 2019年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]