リャドク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

リャドクロシア語: Рядок)とは、キエフ・ルーシ期に主にノヴゴロド公国で見られた、商工業者の小規模な居住地のことである。

キエフ・ルーシ期のリャドクには、法に基づいた契約の1つであるリャドを結び、一定期間他者に隷属したリャドヴィチに属する人々が住んでいた[1]。また、リャドクの商工業者は農業にも従事した。

15世紀末には製鉄・製塩所などの採取産業地区や、連水陸路ロシア語版英語版などの交易路上にもリャドクが登場した。なお、より大規模な、しかし防御設備をもたない[注 1]商工業者の居住地はポサードと呼ばれた。

16世紀前半、現在のノヴゴロド州には42のリャドクがあった。16世紀末から社会的価値を失い消滅していったリャドクもあったが、いくつかのリャドクはポサードへ、そしてゴロド(都市)へと発展していった。たとえばチフヴィンヴァルダイヴイシニー・ヴォロチョークなどである。また、ベリョゾヴスキー・リャドク(ru)、オペチェンスキー・リャドク(ru)などの自治体の名に、リャドクの名が残っている。

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 都市(ゴロド)は一般にクレムリなどの防御設備を有した。

出典

  1. ^ Рядовичи в Энциклопедическом словаре 2009

外部リンク[編集]