リムナンテス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リムナンテス科クロンキスト体系
Limnanthes douglasii flowers.JPG
Limnanthes douglasii
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: フウロソウ目 Geraniales
: リムナンテス科 Limnanthaceae
学名
Limnanthaceae
R.Br. (1833)
  • Floerkia
  • Limnanthes

リムナンテス科 (Limnanthaceae) は双子葉植物のひとつで1-2のおよそ10からなる。やや肉質で複葉または深く切れ込んだ単葉北アメリカに分布する。日本には栽培植物として紹介されている。ヨーロッパなどで広く栽培されるLimnanthes douglasii は花の配色から"poached egg plant"(落とし卵草)と俗称される。

アメリカ合衆国では、L. alba を種子から化粧品用の油(メドウフォーム油)を採るために栽培している。

分類[編集]

  • Floerkea
  • Limnanthes

APG植物分類体系[編集]

APG植物分類体系では、アブラナ目におかれる。

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系ではフウロソウ目に入れる。

新エングラー体系[編集]

新エングラー体系でもフウロソウ目に入れる。

外部リンク[編集]