リポキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リポキシゲナーゼ
識別子
EC番号 1.13.11.12
CAS登録番号 9029-60-1
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

リポキシゲナーゼ(lipoxygenase)は、リノール酸α-リノレン酸代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

リノール酸 + O2 \rightleftharpoons (9Z,11E)-(13S)-13-ヒドロペルオキシオクタデカ-9,11-ジエン酸

反応式の通り、この酵素の基質リノール酸O2、生成物は(9Z,11E)-(13S)-13-ヒドロペルオキシオクタデカ-9,11-ジエン酸である。補因子としてPQQを用いる。

組織名はlinoleate:oxygen 13-oxidoreductaseで、別名にlipoxidase、carotene oxidase、lipoperoxidase、fat oxidase、lipoxydase、lionoleate:O2 oxidoreductaseがある。

参考文献[編集]

  • Christopher, J., Pistorius, E. and Axelrod, B. Isolation of an enzyme of soybean lipoxidase. Biochim. Biophys. Acta 198 (1970) 12-19.
  • Theorell, H., Holman, R.T. and Åkesson, Å. Crystalline lipoxidase. Acta Chem. Scand. 1 (1947) 571-576.
  • Zimmerman, D.C. (1970). “Specificity of flaxseed lipoxidase.”. Lipids 5: 392-397. PMID 5447012.