リボースリン酸ジホスホキナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リボースリン酸ジホスホキナーゼ
2h06.jpg
ヒト由来PRPS1(PDB 2H06)
識別子
EC番号 2.7.6.1
CAS登録番号 9031-46-3
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA英語版 BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

リボースリン酸ジホスホキナーゼ(ribose-phosphate diphosphokinase)またはホスホリボシルピロリン酸シンターゼ(phosphoribosyl pyrophosphate synthetase, PRPS)は、リボース-5-リン酸ホスホリボシル二リン酸に変換する酵素である。

機能[編集]

プリンピリミジンを持ったヌクレオチド補因子NADおよびNADPヒスチジントリプトファンといったアミノ酸の合成に関わる。ペントースリン酸経路に由来するリボース-5-リン酸を、これらの合成系に振り向ける酵素である。

反応[編集]

ATP + D-リボース5-リン酸 AMP + 5-ホスホ-α-D-リボース1-二リン酸

PRPSには先にリボース-5-リン酸が結合し、次いでMg-ATPが結合すると転移反応が起きてAMPが放出され、最後に生成物であるホスホリボシル二リン酸が放出される[1]。反応機構は、リボース-5-リン酸の水酸基がATPのリン原子(β)を求核攻撃することによる[2]

SN2反応による二リン酸転移反応

参考文献[編集]

  1. ^ Fox & Kelley (1972). “Human phosphoribosylpyrophosphate synthetase. Kinetic mechanism and end product inhibition”. J. Biol. Chem. 247 (7): 2126–31. PMID 4335863. 
  2. ^ “Oxygen-18 studies of the mechanism of pyrophosphoryl group transfer catalyzed by phosphoribosylpyrophosphate synthetase”. Arch. Biochem. Biophys. 171 (2): 732–6. (December 1975). doi:10.1016/0003-9861(75)90086-7. PMID 173242. 

外部リンク[編集]