リボン食品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リボン食品株式会社
RIBBON FOODS CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
532-0035
大阪府大阪市淀川区三津屋南3-15-28
設立 1962年(昭和37年)5月7日
業種 食料品
事業内容 マーガリン製造販売
パイ冷凍生地及びパイ関係食品製造販売
代表者 代表取締役社長 筏 純一
資本金 1億円
従業員数 150名
外部リンク http://www.ribbonf.co.jp/
テンプレートを表示

リボン食品株式会社RIBBON FOODS CO.,LTD.)は、大阪市淀川区に本社を置く油脂食品冷凍食品メーカーである。

概要[編集]

日本で最も早い時期にマーガリンの製造に成功したメーカーであり、2007年には創業100周年を迎えた。現在でも油脂加工食品の分野では中堅企業の一角である。

社名の「リボン」は、「真心をこめてお客様にリボンをかけて商品をお届けしたい」という思いが込められて命名された。

特徴[編集]

油脂業界をリードする新しい商品開発に強みがあり、現在一般的となっている商品の開発に早い時期から成功しており、現在の商品ラインナップの大半は業界でも先駆けとなった商品である。

現在では業務用食品を専門に製造販売しているが、かつては「バターリン」「デラマーガリン」の名称で家庭用マーガリンも製造販売していた。

ユニークな商品企画開発を得意とし、業界に先駆けた商品を数多く手がける企業である。

沿革[編集]

  • 1907年 千足栄蔵がマーガリンの製造に成功。
  • 1936年 筏盛三がKINGバターの製造を開始。
  • 1948年 大村油脂工業所として発足。
  • 1962年 リボン食品株式会社を設立。
  • 1965年 コンパウンドマーガリン(乳脂肪入マーガリン)の販売を開始。
  • 1970年 冷凍パイ生地の販売を開始。
  • 1973年 冷凍ホットケーキの販売を開始。冷凍チーズケーキの販売を開始。
  • 1987年 冷凍パイ生地工場を新築して移転。
  • 1994年 冷凍パイ生地工場を増築。同種の工場としては国内でも最大規模になる。
  • 1997年 冷凍スイートポテト工場を新築。
  • 2003年 国産では初めて有機JAS認定を受けたマーガリン「ナチュラーレOG」を販売。
  • 2006年 冷凍パイ生地工場がISO9001認証取得。
  • 2007年 スヌーピーのコミュニケーションフードを販売開始。
  • 2009年 オーガニックブランドの「リボンオーガニック」をスタート。

商品[編集]

一部の商品を除き業務用商品のため、一般消費者の入手は困難である。

マーガリン
冷凍パイ生地
成型冷凍パイシート
冷凍デザートケーキ
焼成済みパイタルト
冷凍ホットケーキ
冷凍スイートポテト
レトルト食品

関連項目[編集]

外部リンク[編集]